レーザー治療について

花粉症、アレルギー性鼻炎に対し、薬物治療のほかレーザー治療もしております。

※完全予約制※

原則、平日午後3時30分〜のご予約のみとなります。

 

当面の間、休止させていただいております。また再開の際はお知らせいたします。


●●当院でのレーザー治療について●●

  

 1.目的、適応

薬で効果の乏しい方や3大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)の中でも特に鼻づまりに効果のある治療法です。

 

2.費用

出血傾向や感染症の有無を確認する目的で、採血検査を事前に行います。

費用は保険適用で約9000円程度です。(3割負担の方の場合)

診察料・検査料・投薬料は別途必要です。検査項目により金額は多少前後することがあります。

 

3.効果について

術後約1週間程度は一時的に鼻づまりが悪化することあります。

その時期を過ぎると鼻づまりが徐々に軽減されます。

レーザー治療は一生効果が持続するわけではなく、1〜2年でふたたび元の状態にもどってしまうこともあります。また半数以上の方には効果がありますが、まったく効果のない方も中にはおられます。

効果のあった方には1年ごとに治療をうけていただくことをおすすめいたします。

 

4.他の治療との比較

アレルギー性鼻炎の手術には鼻の粘膜を部分的に切り取ってしまう手術があります。鼻づまりには効果的ですが、出血や痛みが強く、入院が必要となるため、多忙な方には難しい方法です。

レーザー治療は出血が少なく、通常日帰りで、繰り返し行うことのできる手術です。

 

5.手術の方法

鼻の中に麻酔液をしたしたガーゼを15分程度いれ、麻酔を行います。

続いて下鼻甲介という鼻の粘膜を炭酸ガスレーザーで焼灼し、空気の通り道を広げます。

麻酔、処置をあわせて30〜45分ほどで終了です。

 

6.手術の危険性と合併症

麻酔時に動悸がしたり気分が悪くなることがまれにあります。

レーザーで焼灼時、少量の出血や、人によっては痛みを感じることがあります。

術後数日は鼻を強くかんだり、無理をすると鼻血が出ることがあります。

 

7.通常発生しないが極まれに起こりうる重大な合併症

多量の出血、麻酔によるショック(血圧低下、意識消失など)

 

8、さいごに

当院ではアレルギーの原因物質について血液検査でしらべることもできます。

結果は約1週間程度で判明します。検査、手術についてご質問があれば遠慮なくお尋ねください。

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る