ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインとは(通販ショッパー)

抜け毛の治療薬はたくさんの種類が販売されていますが、その中でも特におすすめなのがツゲイン(Tugain)です。成分が頭皮から吸収されれば、血流が回復して育毛効果が期待できます。ミノキシジルタブレットを服用することで、地肌の調子が良くなることもあります。ツゲインは、シプラ社製のAGA(男性型脱毛症)改善薬です

ツゲインは、リアップ(本国)やロゲイン(米国)のジェネリック医薬品です。同等以上の効果があることがわかっており、医薬品の研究施設でも推奨されています。成分量の異なる2%、5%、10%がありますので、自分の症状に合った製品でAGAを治療することができます。また、夫と妻の両用治療薬なので、女性にもおすすめです。

ツゲインは、日本では大正製薬が販売しているリアップ関連のジェネリック医薬品です。シプラ社は日本では全く馴染みがありませんが、世界最大級のジェネリック医薬品メーカーであり、世界の医療機関に多くのジェネリック医薬品を供給しています。ツゲインの作用は、頭皮の血行を促進し、毛根の細胞を活性化することです。これらの作用により、発毛を促進し、豊かな髪を育て、髪の寿命を延ばすことができます。ツゲインには、主成分であるミノキシジルに加えて、毛髪の定着に欠かせないタンパク質であるケラチンが配合されており、活発な頭髪のための育毛効果が期待できます。

ツゲイン2%は効力が弱く、男性にとっては少し物足りないかもしれません。発毛不良や抜け毛が気になる方で、初めてツゲインを使用する方に適しています。また、効能効果が低いツゲイン2%は、女性の薄毛治療(FAGA)にも使用できます。これまでミノキシジルは、男性と女性の薄毛治療に使用されてきました。ミノキシジルは以前、高血圧の治療に使用されていました。

シプラ社は、ED(勃起不全)治療薬とAGA(男性型脱毛症)の模倣と考察で、悩める男性の救世主となっています。ツゲインは女性でも男性でも使用でき、「昔は毛が生えていた部分に髪が生えてきた」という声も多く聞かれます。また、ミノキシジル製品には内服薬もありますが、内服薬の方が効果が高く、体質によっては副作用が出る場合もあります。

男性のAGAのお客様には、ツゲイン5%がお勧めです。ツゲイン5%は、臨床試験で投与されたミノキシジルと同じ内容量であり、臨床試験と同様の発毛効果が期待できます。有効性と副作用のバランスもミノキシジルと同じなので、髪の毛の少なさが気になり始めた方の最初の治療として最適です。