レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

エルクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

クラビットとは(通販 グランパ)

クラビットは、クラミジア・尿道炎・膀胱炎・マイコプラズマ感染症・副鼻腔炎などの接触感染症を改善する新しいタイプのキノロン系抗生物質です。レボフロキサシンは、DNAジャイレース(DNAの固着を促進する酵素)の活性を抑制することで効果を発揮します。クラビット・ジェネリックは、性病の治療に加えて、膀胱炎、肺炎、腸炎の治療にも有効です。

クラビットはニューキノロン系合成抗菌剤で、クラミジア感染症、肺炎、気管支炎、膀胱炎、前立腺炎、またはその大部分の治療に採用することができます。インド・ムンバイのシプラ社が製造・販売するクラビット・ジェネリックは、大量接触感染症に有効な抗菌薬となります。日本でも専門機関で処方されているクラビットのジェネリック医薬品ですので、クラビットよりもお求めやすい価格になっています。

クラビットと同じ成分であるレボフロキサシンは、接触感染の原因となる病気の原因菌の増殖を抑制し、殺菌する効果があります。レボフロキサシンは、コレラやサルモネラなどの細菌、膀胱炎、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、中耳炎、副鼻腔炎などの呼吸器系感染症の殺菌に使われます。また、副作用が少ないため、服用しやすいと感じる方も多いようです。

接触感染症でお悩みの方には、多種多様な接触感染症に効果があり、副作用が少なく、ジェネリック医薬品なので低価格で購入できるクラビット・ジェネリックをおすすめします。その上、医薬品の研究施設で購入することで、誰にも知られずに治療することができます。さらに、性交渉の前に体内に取り入れることで、安心に変えることができます。

クラビットは、以前から使われていたニューキノロン系抗生物質のオフロキサシンの約2倍で、抗菌作用は強力です。その他、前立腺炎、膀胱炎、淋菌性尿道炎、コレラ、サルモネラ腸炎、腸チフス、子宮内感染など、想像を超えた細菌の治療にも使用されています。クラビットの有効成分であるレボフロキサシンは、接触感染する疾患病巣に効率的に細菌を移行させます。多くの抗菌薬が1日2回以上の服用を必要とするのに対し、クラビットは1日1回の服用で惹起される治療関連性を達成することができます。そのため、性交渉の流量が多くない人でも移る確率が高いと言われています。

クラビット・ジェネリック・レボキンは、インドに本社を置くCipla社が監修・販売しています。クラビット・ジェネリックは、クラミジアによる女性の子宮頸管炎に対して92.3%、男性の尿道炎に対して84.3%の有効性が確認されています。いずれもクラミジア感染症に伴う症状に有効であることが確認されています。