ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンとは(通販ディビジョン)

マーベロンは、避妊効果に加えて、月経痛の緩和、定期的な使用による月経周期の正常化、卵巣がんの予防などの効果があります。ノベロンは、避妊効果に加えて、特にニキビの治療に役立つと言われています。ホルモンバランスの乱れやホルモン量の変化により、アンドロゲン(男性ホルモン)が皮脂を過剰に分泌し、ニキビや肌荒れの原因となることがあります。

ノベロンは性腺パワーの源となるホルモンの一つである卵胞供給ホルモンの分泌を抑制します。卵胞ホルモンの分泌が抑制され、ホルモンバランスが日々変化することで、子宮内膜が十分な厚みに成長せず、受精卵の着床が妨げられるからです。低用量ピルなので、副作用は軽減されていますが、マーベロンを服用することで、吐き気や頭痛を感じる方もいらっしゃります。これらは軽度なので、体が慣れてくれば症状は軽減していきます。万一、正規の用量を服用して明らかな身体の異常を感じた場合は、直ちに服用を中止してください。服用を中止しても症状がほとんど変わらない場合は、お近くの介護施設にご相談されることをお勧めします。

単相性ピルとは、3週間の実薬間隔の間に、今日飲むピルに含まれるホルモンのかさに変化がないピルのことです。黄体ホルモンは、万が一、排卵や受精が起こっても、受精卵が内膜にくっついて床につくことができないように、子宮内膜の成長をコントロールして、妊娠を防ぎます。また、子宮の入り口付近の粘液の粘度を高め、精子が子宮内膜に浸入するのを防ぐ働きもあります。

ノベロンの有効成分は、黄体ホルモンであるデソゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールです。ノベロンは、躍進を続ける製薬会社MSDが模倣して販売している経口避妊薬です。日本では「マーベロン」の商品名で販売されています。使用期間中に錠剤を分ける必要がなく、ホルモン量が錠剤ごとに異なる三相性ピルのように、不服用や飲み忘れの心配がないのが特徴です。

ノベロンは、日本の産婦人科で高い処方率を誇るマーベロンのジェネリック医薬品で、成分や効果が似ているにもかかわらず、先発医薬品のマーベロンよりも低価格で購入することができます。ただし、注意したいのは、乳がんや子宮頸がんの恐れのスタートが少し高くなっているので、そっと浮かせて、定期的に検診を受けることです。

マーベロンには避妊だけでなく、女性特有の悩みを改善する効果もあります。女性ホルモンの分泌は、肌のツヤや体型、髪の毛などを希薄にする効果がありますが、女性ホルモンの量が少ないため、体重の増加もなく、女性にとっては嬉しい低用量ピルです。排卵を抑える、子宮内膜の増殖を抑えて塊や流れを防ぐ、子宮頸管(子宮の入り口)の粘液を変質させて精子の子供が参加しないようにする、という3つの効果があり、非常に高価な避妊薬となっています。