フィナロ(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロとは(通販ディビジョン)

フィナロはプロペシアのジェネリック医薬品として、総量を減らすと髪の毛が少なくなったり、脱毛症になったりするなど、ほぼ同量の保護修復効果が得られます。また、正しいヘアサイクルに加えて、肥満体では毛髪が優勢になり、毛髪が長く、太く、豊かに成長することで、頭皮や毛髪の質を立て直すことができます。

近年はジェネリック医薬品が小売りされており、どちらかというと使いやすい方法になっていますが、フィナロの無敵の魅力は、異なる製品と比べて価格がリーズナブルなことです。長期間の内服が望まれるAGA治療の場合、低価格で継続的に内服できることが重要です。

AGAは、男性ホルモンや遺伝によるものと考えられており、世界の男性の約2分の1が悩んでいると言われています。AGAの原因は、体内に存在する男性ホルモン「テストステロン」が大きく関係しています。これにより、ヘアサイクルの成長期が延期され、硬くてコシのない髪が太い髪と指定されたり、休止期の毛根の数が減少して髪の仕上がりが良くなったりするのです。

フィナロは、男性型脱毛症(AGA)の順番を遅らせる5αリダクターゼ阻害剤です。フィナロを製造しているのは、インドで大成功を収めているインタス・ファーマ社です。日本では×印の医薬品なので、クリニックでフィナロを処方してもらうことはできません。Intas Pharma社は世界でもトップレベルのもので、イギリスやメキシコにも模倣施設があります。フィナロ」と「フィンペシア」は、額面も入力番号も同じなので、不平等や違いはありません。

Intas Pharmaceuticals社のFinaroは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。最も人気のある発毛・育毛剤の一つである主薬プロペシアのジェネリック版で、このような有効成分フィナステリドが含まれており、同じような効果が期待できます。男性型脱毛症は、一般的に成人男性に発症する脱毛症の一種で、主な原因は生活習慣の悪化とプレッシャーです。

生活習慣が悪いと、体内で5αリダクターゼと呼ばれるある製品が生成されます。この5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンに加わると、ジヒドロテストステロン(DHTホルモン)に変化し、髪の毛が少なくなる原因となります。フィナロは、そのジヒドロテストステロンの役割を阻害し、髪を太く強くし、髪が弱くなるのを防ぎます。

これまで同様、発毛を促進するミノキシジルとの併用が推奨されており、高い効果が期待できます。抜け毛などが気になる場合は、早めに治療しましょう。フィナロを使うのに適しているのは、抜け毛の増加が気になる人や、身内にAGAの人がいる人です。フィナロの効果は、発毛を促すというよりも抜け毛を減らすことに優れています。髪のボリュームが緩和される前の抜け毛予防に高い効果を発揮します。