アイピル(ノルレボ)アフターピル

ポスティノール(ノルレボ)2錠

 

 

 

 

 

 

アイピルとは(通販web窓ロ)

WEB通販で最も人気のあるアイピル(i-Pill)は複数購入すると大幅に安くなります。例えば、個人輸入窓口として人気のベストケン(BestKenko)では、10箱セットだと1箱だけよりも74%も割引されます。1箱だけだと2,900円ですが、10箱セットなら750円となり、気軽に注文できる値段になります。届くまで2週間前後かかりますので、事前にまとめて購入しておくよう推奨されています。

アイピルは、緊急避妊用薬やアフターピルとも呼ばれ、行為の際に避妊具を使用しなかった場合や、避妊具が破裂して失敗した場合に、意図しない妊娠を止めるために服用する薬です。ノルレボ錠に比べて約90%の低価格で購入できるため、事前に購入し、万が一に備えて旅行バッグに入れて持ち歩く女性が増えています。レボノルゲストレルを用いた緊急避妊薬は、WHOの必須医薬品リストに掲載されており、国際的にも標準的な治療法とされています。

アイピルは迅速な投与が必要な緊急避妊薬で、医療機関に行く時間やドラッグストアで薬を手に入れる時間も最小限で済みます。アイピルの効果は、服薬後約3時間で現れます。また、アイピルの効果に加えて、排卵や排卵の開始が遅れることもあります。避妊を抑制しているかどうかを判断するためには、次の出血まで、あるいはしばらく時間をおいてから、市販の妊娠治療薬で診察する必要があります。

かなり高い確率で妊娠を防ぐことができますが、それを保証するものではありません。避妊に失敗したり、コンドームなどの避妊手段を取らなかった後に、時期を逸して妊娠した場合にのみ使用されるもので、通常の経口避妊薬のように妊娠を止めるものではありません。アイピルの作用は、一時的にホルモンバランスを変化させ、排卵を遅らせたり、排卵が起こらないようにしたり、受精卵の着床を抑制したりすることにあります。その結果、精子が体内に入って卵子と受精するのを防ぐことができ、性交後の危機的な状況でも避妊することが可能になります

日本では「ノルレボ錠」(あすか製薬、武田薬品工業)と呼ばれ、成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されています。アイピルは72時間以内に75%の避妊効果があり、24時間以内に服用できない場合は3日間の猶予期間があります。アイピルには、受精を阻止するプロゲスチンの一種であるレボノルゲストレルが含まれており、卵子の受精を防ぎます。満腹になった卵巣からの排卵を防ぎ、粘液の量を増やして簡単に受精しないようにし、月経を早めて受精卵が子宮に浮かばないようにすることができます。

アイピルは、産婦人科で処方されるアフターピルよりもはるかに安価な緊急避妊薬です。人気の理由の一つは、アフターピルであるノルレボのジェネリック医薬品であるため、安価に購入でき、望まない妊娠を防ぐための重要アイテムとなっています。アイピルはノルレボのジェネリック医薬品です。同一成分のレボノルゲストレルを含むノルレボ錠のジェネリック版です。成分は同じなので同程度の割合での妊娠減少が期待できます。世界中の多くの女性に使用されている最も普遍的なアフターピルの一つです。