レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

エルクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

クラビットとは(通販 アイ薬局)

クラビットは通販で個人輸入でき、エルクイン・レボクイン・レボフレックスなどのジェネリック版が人気です。ベストケンコーやオオサカ堂、アイ薬局などでは多数のクラビットジェネリックを通販でき、正規品保証しているため偽物が届く心配もありません。口コミやレビューも数百件投稿されていますので、評価や価格を比較してベストな商品をお選びください。

有効成分レボフロキサシンは、DNAの複製を促進する酵素であるDNAジャイレースの活性を抑制することで効果を発揮します。酵素の不活性化により、細菌にはびこるタンパク質の合成を防ぎ、殺菌システムとして機能します。有効成分のレボフロキサシンは強力なニューキノロン系抗生物質なので、1日1回服用するだけで、すばやく強力に細菌を死滅させることができます。

抗酸菌は治療用途が限られているので、クラビットのように様々な菌に対して殺菌力を持つものは非常に重要です。細菌が共存するためにはDNAを合成する必要があります。DNAはすべての生物に存在し、それぞれの生物の遺伝子の知識が保存されています。レボフロキサシンを服用すると、DNAの合成を阻害することで細菌を死滅させることができます。現代人と細菌のDNAは合成の仕組みが異なるため、影響を及ぼさないので毒性はありません。

有効成分レボフロキサシンの臨床試験で、クラビットの有効性が実証されています。性器クラミジアの臨床記録では、クラミジア接触感染による男性の尿道炎に対して84.3%、女性の子宮頸管炎に対して92.3%の有効率が示されています。いずれの症例においても、厳密な治療即効性が示され、クラミジア感染症に伴う症状に対して有効であることが確認されました。

Levofloxacin(レボフロキサシン)は、オフロキサシンを精製した有効成分で、強力な抗菌活性を有するニューキノロン系抗菌剤です。35種類の細菌に作用することが確認されており、レボフロキサシンは細胞のダウンレギュレーションに不可欠なDNAの生成を阻害し、増加した細菌を見つけられずに死滅させることが可能です。クラビットの有効成分であるレボフロキサシンは、感染に接触した病巣に効率よく細菌を移動させます。多くの抗菌薬では1日にそれぞれ複数回服用する必要がありますが、クラビットは1日1回の服用で治療効果が得られます。

クラビットジェネリック500mgは、第一三共株式会社が製造・販売するクラビット500mgの後発品です。クラビットをはじめとするレボフロキサシン配合剤は、性器クラミジアに使用される抗菌薬の中で最も高価格な薬の一つです。クラビットの副作用は、発症はないとされています。しかし、頭痛やめまい、下痢あたりや吐き気の意図も人によっては変わってしまう怖さがあります。これらの症状や何らかの異常が発生した場合は、直ちに服用を中止してください。