ウィンゾロン10mg(スタノゾロール)

 

 

 

アナドリン10mg(オキサンドロロン)

 

 

 

 

 

 

ウィンゾロンとは(通販サイクル)

ウィンゾロン(Winzolon)はオオサカ堂やJISAなどの個人輸入通販サイトで人気のアナボリックステロイドです。オキシポロンやメダナボルより使いやすく、初心者の人に推奨されることが多いです。女性でも使用可能です。ウィンゾロンは1本150錠入りで、オオサカ堂では4,200円ほどで通販できます。十分コスパに優れていますが、さらにお得な2本セットも購入できます。

ウィンゾロンは、1989 年に設立され、EDA (米国食品医薬品局) の厳格な要件を満たす製造施設をもつフィリピンのロイド研究所によって開発されたアナボリックステロイドです。スタノゾロールは、筋肉の進歩に関して効果が透けて見えるが、筋肉の進歩を維持しながらダイエットをする場合にのみ有効な蛋白同化ステロイドと言われています。

通常のステロイドはそもそも女性には使えないことが多いのですが、スタノゾロールは特に女性には大量の筋肉活性化効果があります。これはラット(マウス)の研究でも確認されており、オスとメスのラットをマッチングさせ、スタノゾロールを投与したメス集団は筋肉のボリュームアップを明確に繰り返したそうです。趣味で外構を期待するユーザーにとっては、よく耳にする「細マッチョの体」の獲得につながります。筋肉量を落とさずにカロリー制限を持続することが期待できるものとして有用と思われます。

ウィンゾロンは、予想通り男性よりも女性が使用した方が筋肉増強効果が出やすいと言われています。ただし、これはあくまでも筋肥大を目的とした男性の場合であり、ダイエットの瞬間に筋肉を変化させない目的で使用する場合にはその影響は十分に期待できます。英国で行われた明晰な研究では、スタノゾロールを投与されたメスマウスは筋肉増強に問題なかったのですが、オスマウスはだめでした。つまり、オスの場合は、スタノゾロールを筋肥大のために使うのではなく、シェイプアップの段階で体を切る恐怖の最終過程である異化解離と、筋肉の断片化を防ぐ目的で取り入れることが推奨されています。

ウィンゾロンは1回2mg、以降6mgを1日3回食後に経口投与します。筋肉衝撃トレーニングを行いながら服用するのがよいでしょう。服用後3~4時間程度で効力がなくなるので、一度に3回ごとに服用せず、分割して服用する必要があります。1日50mgを上限にするようにしましょう。スタノゾロールのサイクルが終わった後、短期間でテストステロン製品の反応を回復し、テストステロンのレベルを正常に戻すために、排卵誘発剤(クロミフェン)を服用することが推奨されます。

ウィンゾロンは、ロイド・ラボラトリーズ社から販売されている筋肉増強剤です。それは強力な筋肉ブースターである蛋白同化ステロイドが含まれています。それは、体内のタンパク質のライブの合成を奨励し、短期間で集中的な筋肉の技術を高めることができます。ウィンゾロンは、他の製品よりも副作用を起こしにくいと言われていますが、まれに副作用を起こすことがあります。