ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ロゲインとは(通販ソーシング)

ミノキシジル育毛剤の代名詞である「ロゲイン」(Rogaine)は海外製品のため、Amazonや楽天、メルカリなどで購入することはできません。海外からの輸入手続きを代行してくれる「オオサカ堂」(大阪堂)や「JISA」といった業者を通して通販するのが一般的です。オオサカ堂では男性用のロゲイン5%と女性用の2%両方販売しています。

ロゲインは、世界的に有名なMcNeil Corporationが販売するAGA(男性型脱毛症)用の高品質な男性用育毛剤です。ミノキシジルが毛乳頭細胞に働きかけ、毛髪の生成を助け、発毛を決定します。付属のスポイトは、蓋として使うだけでなく、頭皮に正確に塗布することができます。有効成分ミノキシジルを配合した育毛剤としては世界で初めて販売され、臨床試験により安全性が確認されています。

ロゲインは、成分としてミノキシジルを5%配合した男性用外用薬です。髪が少ないけど気になる部分にまっすぐ塗って揉み込むことで、頭皮の毛根を成長させ、その後発毛を促すというものです。日本ではAGA育毛剤として「リアップ」が販売されていますが、主成分は目的のロゲインと同じであり、その特質や影響もほぼ同じです。ロゲインはリアップの50%以下の価格で購入することができ、経済性にも優れています。

ミノキシジル配合の育毛剤には特有の臭いがあるものもありますが、ロゲインは基本的に無臭です。外出前に育毛剤を使用する場合、匂いが気になる方もいらっしゃると思います。育毛剤を検討しているけれど、どんな感じなのか不安という方には、ロゲインがぴったりの育毛剤です。ロゲインの有効成分であるミノキシジルには血管を広げる作用があり、頭皮の血管が広がることで酸素や栄養素が頭皮に拡散し、優れた育毛効果が期待できるのです。ロゲインの有効成分ミノキシジルと併用することで、発毛・育毛・抜け毛予防・AGA治療の効果を飛躍的に高めるはずの育毛剤にはフィナステリドやデュタステリドがあります。

有効成分ミノキシジルは非常に優れた発毛効果が期待でき、成人男性の5人に1人とされるAGAの治療にも推奨されています。殺菌作用のあるアルコールは、強い刺激になります。アルコール成分の多い育毛剤を使い続けると、頭皮の善玉菌を殺してしまい、頭皮にショックが蓄積されることになります。ロゲインには発毛を立たせる効果だけでなく、髪が肥満化することも挙げられます。発毛しても髪が細すぎたり、髪が太くても密度が足りなかったりすると、達成感が得られません。

一般的に育毛剤のアルコール濃度は50%近いので70%ですが、ロゲインのアルコール濃度は30%なので、頭皮に優しい育毛剤と言えます。頭皮が敏感な男性にも使いやすいと思います。ロゲインを頭皮に塗布することで、人肌に吸収され、塗布した部分の毛細血管を拡張し、体内の血流を改善することができます。外用薬であるロゲインは、内服薬のミノキシジル(ミノキシジルタブレット)に比べて、副作用の恐れが少ないというメリットがあります。ミノキシジルは、髪が抜ける速度(ヘアサイクル)を延長します。毛髪の生え変わりのサイクルが拡大されると、頭皮に残っている毛髪の量が徐々に増えていきますので、頭皮の毛量が増えていることを実感できます。