ノバマックス500mg(サワシリン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

サワシリンとは(購入くすりロイヤル)

サワシリンはネット通販で購入でき、「くすりロイヤル」や「ベストケンコー」、「オオサカ堂」などの個人輸入代行サイトを通して入手可能です。サワシリンジェネリックのノバモックス(Novamox)という商品が特に人気で、ベストケンコーなどでは1錠50円程度で通販できます。

サワシリンは、細胞に対する殺菌作用があるため、淋菌だけでなく、インフルエンザ菌や赤痢菌にも有効であることが要因です。アモキシシリンは、接触感染症治療用のペニシリン系抗生物質です。淋病や梅毒などの性感染症や、皮膚炎、急性気管支炎、呼吸器系接触感染症、耳鼻科系接触感染症といわれるものなど、ほぼすべての接触感染症に効果があります。また、梅毒の第一選択薬として使用され、1ヶ月以上の使用で第一期梅毒および第二期梅毒に有効です。

標準的な用法・用量で服用した場合、重篤な副作用はないとされており、臨床でも高い評価を得ています。かつて不治の病と騒がれた性感染症の梅毒は、近年の医療の実現により、早期発見で治る性感染症になりました。梅毒なんて自分には関係ないと思われるかもしれませんが、接触感染による感染者は年々増えており、治療薬としてアモキシシリンが口コミで効果を発揮しています。余裕のない範囲の菌にしか効かないのは仕方ないとして、自分の体に常在する善玉菌にほとんど影響を与えないことを目標に、安全性にも優れています。

明らかな接触感染から淋病や梅毒まで、サワシリンは治療は効果を発揮します。アモキシシリン・ジェネリック250mgは、合成ペニシリン製剤であるサワシリンのジェネリック医薬品です。有効成分としてアモキシシリン250mgが配合されています。ペニシリンが発見されて現在に至るまで、ペニシリンに薬物の柔軟性を持たせて梅毒トレポネマを屈服させた個体は存在しません。ペニシリンに免疫のある梅毒トレポネーマは存在しないので、ペニシリン系抗生物質のノバモックスが高い確率で梅毒トレポネーマの駆除に適しているかどうかが予想されます。

一般的なペニシリン組織用抗生物質であるアンピシリンよりも副作用がソフトで、食事に掛ける悪影響が少ないと認識されています。ピロリ菌を確実に除菌するためには、アモキシシリンとクラリスロマイシンという抗生物質、そして胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害剤の3剤を1週間同時に使用することが推奨されています。その効果は非常に高く、8割近くの患者さんが除菌に成功したと報告されています。アモキシシリンの短縮形をAMPCといい、梅毒や淋病などの重症例に有効な抗生物質です。サワシリンの作用で細胞が作りにくくなり破綻した菌は、細胞を使うことができなくなるたびに使い勝手が悪くなり、家の外液との浸透圧不足で菌体が溶け出し、やがて崩壊していきます。