アイピル(ノルレボ)アフターピル

ポスティノール(ノルレボ)2錠

 

 

 

 

 

ノルレボとは(通販ソーシング)

ノルレボのジェネリック版はネット通販で購入でき、「アイピル」や「ポスティノール」という商品が人気です。特にアイピルは個人輸入の定番で、SNSなどでも多くの女性のレビューがあります。オランダ屋やベストケンコー、オオサカ堂、空詩堂などの通販サイトでノルレボのジェネリックは通販できます。

レボノルゲストレルは、人工的に設定された黄体ホルモン(女性ホルモンの一種)です。実態はすでに排卵が起こっており、レボノルゲストレルを添加することで子宮内膜の成長を促し、強制的に月経を起こし、羽化面を防ぐことができます。排卵前の場合は、排卵を禁止・阻止し、受精を防ぎます。アイピルのジェネリックは、先発品のノルレボよりも安価に購入できます。事前に設定しておくことで、避妊具の欠品を控えることができます。

アイピル(i-pill)は、インドの有名な製薬会社であるシプラ社が開発した緊急避妊仕様のピル(アフターピル・モーニングアフターピル)です。アイピルは、処方薬として有名な緊急避妊薬「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。ノルレボがフランスの製薬会社によって作られたのに対し、アイピルはジェネリック大国であるインドのシプラ社によって作られました。アイピルは、日本では「ノルレボ錠」(あすか製薬、武田薬品工業)の名称で販売されている、同じ薬剤成分「レボノルゲストレル1.5mg」を含むジェネリック医薬品です。

ノルレボは、ホルモンの割合を一時的に変化させ、排卵を遅らせたり、排卵を起こさないようにしたり、受精卵が固まるのを阻害したりします。その結果、精子が体内に侵入して卵子と受精するのを防ぐので、性交後遺症などの避妊効果が期待できます。有効成分であるレボノルゲストレルの緊急避妊効果は、先発品のノルレボの臨床試験で確認されています。臨床試験は63名の女性を対象に行われ、性交後72時間以内にノルレボ錠1.5mgを投与されました。臨床試験の結果、63名中62名の評価で緊急避妊に成功しました。この結果をもとに、妊娠損失率(避妊に成功する可能性)が作成されました。

アイピルは非常に高い確率で妊娠を防ぐことができますが、絶対確実な避妊薬ではありません。ゴムの使用など避妊手段の失敗や不履行による性交後の迅速なチックとして投与するものであり、通常の経口避妊薬のように妊娠を成立させるものではありません。ジェネリックのアイピルは、産婦人科でアフターピルを処方されるよりもはるかに安価に緊急避妊を行うことができます。

緊急避妊薬「アイピル」は、通信販売で購入することができます。無防備な行為や避妊に失敗した後の意図しない妊娠を、合格点かつ簡単に防ぐことができるのです。有効成分であるレボノルゲストレルは、日本国内の医療機関でも緊急避妊薬として使用することが検討されています。ノルレボを含む緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊失敗系からいかに早く今すぐ飲めるかにかかっています。ノルレボをあらかじめ用意しておくことで、いざという時に慌てることなく、妊娠の危機を回避することができるのです。