アレグラ180mg

ザイザル・ジェネリック5mg

 

 

 

 

 

 

 

アレグラとは(通販 チャレンジャー)

アレグラはAmazonや楽天などからも通販できますが、海外から個人輸入した方が大幅に節約できます。「アレグラFX」など市販品の3倍の成分量の商品を購入し、それを分割して使うとさらにコストを抑えれます。アレグラはオオサカ堂やベストケンコー、グリーン薬局などの海外通販サイトから注文できます。

アレグラは、第2世代の抗ヒスタミン薬(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)です。アレグラは、スギ・ヒノキ花粉による季節性アレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ)の症状緩和、ダニ・ハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎の症状緩和・アトピー性皮膚炎・じんましん・皮膚そう痒症・湿疹などの皮膚症状の緩和を図ります。花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)や通年性アレルギー性鼻炎のつらい症状にお悩みのお客さまにおすすめです。アレグラを使うことで快適な日常生活をお過ごしください。

副作用は、思ったほど少ないといわれていますが、頭痛、傾眠、吐き気、倦怠感、喘息の増強、めまい、かゆみ、発疹などが報告されています。体に異変を感じた場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談してください。夏期の最悪期から秋期にかけて、ブタクサやケイトウの花粉が大量に飛散し、秋期の花粉症を引き起こします。秋期の花粉症にアレグラを服用するのは、1月上旬から3中旬にかけてが目安です。

花粉症の薬の実態は、眠気の副作用に比例しています。鼻炎のコントロールの結果が良くなってくると、眠気の副作用も改善されます。眠気のある花粉症薬は、摂取後の操作や器械操作に注意が必要です。そのため、副作用として眠気が出にくいアレグラは、運送業や機器の操作をされる方に適していると考えられます。イネ科は5月より6月の方が花粉の飛散量が多く、7月以降も逸脱し、暑い季節に花粉症を引き起こします。夏場の花粉症には、4月中旬からアレグラを使用することが望ましいです。

ヒノキ花粉症の対策としては、2月末頃からアレグラの服用を開始します。ヒノキ花粉もスギ花粉と同様、5ヶ月目以降に症状が軽くなり、半ばには落ち着きます。抗ヒスタミン剤の場合、「眠りやすい人は効き目が強い」「眠りの意思が薄い人は効き目が弱い」ということはありません。有効成分フェキソフェナジンは、アレルギー症状の引き金となるヒスタミンを抑制し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの鼻炎症状を緩和します。また、皮膚の乾燥やかゆみ、蕁麻疹の緩和にも効果が期待されます。

アレグラの魅力は、アレルギー症状の原因であるヒスタミンを抑制することで、くしゃみ、鼻水、かゆみなどの症状を和らげることです。従来の薬に比べ、アレグラは眠気や副作用が見られず、即効性が大きいと言われており、仕事中でも使用しやすいです。アレグラFXは日本でも販売されていますが、1錠の最大用量は60mgです。60mgは効能が低い方におすすめのスポット医療品で、120mgが最も経済的です。カッターで半分(60mg)にカットして分割して服用することで、コストを大幅に改善することができます。