トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルプラックとは(通販ショッパー)

ルプラックはラシックスの代替品として人気の利尿剤です。ルプラックを通販できる個人輸入代行サイトとしては、ベストケンコー・ユニドラ・オランダ屋・オオサカ堂などが有名です。トールやダイトールなどのジェネリック版が安くておすすめです。

ルプラックは、体内の余分な水分を排出して顔や手足の浮腫(むくみ)を解消し、血圧を下げる利尿剤です。有効成分としてトラゼミドを10mg含有しています。ルプラックはループ利尿薬に分類され、このタイプの利尿薬の中で最も強力な利尿薬と言われています。むくみの原因である体内に留まった水分を押し出すことで、むくみを解消する効果が期待されます。

利尿剤といえばラシックス(フロセミド)が有名ですが、ルプラックはラシックスと同じ仲間で作用機序も似ている利尿剤です。ラシックスよりも利尿作用が強く、「低カリウム血症」の副作用が出にくいことが特徴です。また、減量剤としても有効で、最近では十分現代人に利用されています。むくみで太ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ラシックス(フロセミド)よりも「効き目が強く、結果が長続きする」と言われており、フロセミドの副作用であるカリウム欠乏症も起こりにくいと言われています。トラセミドの日本での臨床試験では、287名の患者さんのうち76%に浮腫の改善が認められました。また、水分の低下による体内の血液量の減少は、体内の血流を司る心臓をリラックスさせ、血圧を低下させる作用もあります。

ラシックスを使用して副作用が出た方でも、ルプラックを使用すれば副作用が出なかったという方がたくさんいらっしゃいます。利尿剤を使ってむくみを解消し、体重を減らすという手法でルプラックを服用することをおすすめします。ルプラックを服用する場合、利尿作用に伴う血圧降下作用も期待できます。トラゼミドは体のだるさやナトリウム(塩分)の排出を促すので、血管を流れる血液の量が減り、血圧が下がります。ルプラックの有効成分であるトラゼミドは、海外でも高血圧の治療薬として使用されていると言えます。

ルプラックの有効成分であるトラセミドは、強力な利尿剤で、むくみの原因となる不要な水分を体外に排出します。有効成分のトラセミドは、「ループ利尿薬」と呼ばれる利尿薬です。ループ利尿薬とは、いくつかある利尿薬の中で最も強力な利尿薬です。腎臓の尿細管が塩分や水分の多い体液を新たに把握するのを抑制し、尿と一緒に体外に排出するのです。

ルプラックの降圧作用は、薬に終わりがないほど大きくなります。多くの場合、4週を超えた6週で最大になりますが、中には12週で強く効いて足が回るようになるケースもあります。ルプラックだけで十分に血圧が下がらない場合は、血管の発達を促す降圧剤を併用することで、より強固な降圧効果を得ることができます。ラシックスの必須有効成分であるフロセミドは、ルプラックの有効成分であるトラセミド10mgに対して1mgとほぼ同等ですので、ラシックスに変更する際は参考にしてください。体内の余分な水分を排出することで体の浮腫みを改善します。特に、顔面や手足の浮腫を速やかに改善します。