ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

ヤスミンとは(通販ディビジョン)

ヤスミンは新世代のピルで、海外製品のヤーズ(Yaz)を通販で入手できます。ヤスミンは最新の低用量ピルにディビジョン(分類)され、トリキュラーやマーベロンより継続しやすいとされています。ヤスミンのジェネリックであるヤーズは「ベストケンコー」や「オランダ屋」などから通販できます。

ヤスミンの有効成分はドロスピレノン3mgです。ドロスピレノンは黄体ホルモンの一種で、下垂体に作用して性腺力の源となるホルモンを抑制することで、卵胞の発育を抑制し、排卵を防止します。また、体内の水分や塩分を保つ効果もあるといわれているので、太りにくい体づくりにも必要な成分です。黄体ホルモンの作用により、子宮頸管粘液の粘度が上がり、乳幼児が子宮頸管を通過しづらくなります。低用量ピルは、排卵を抑制する、子宮内膜の再生を抑制する、精子を通過しにくくする、という3つの作用により、高い避妊効果を発揮します。ちなみに、服用を中止すると、これに加えて脳下垂体が卵巣を刺激して排卵を促します。

1錠中に合成黄体ホルモン「ドロスピレノン」3mg、合成卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.030mgを含有し、21錠入りです。製剤です。子宮内膜の増殖を抑え、受精卵をすり減らし浮遊しにくくするとともに、子宮頸管粘液に変化を与え、精子の子宮内への侵入を防ぎ、即時に避妊効果を高めます。低用量ピルは子宮頸管の粘液の粘性を変化させ、精子の子宮への侵入を保護するため、多くのクラスの女性にとって望まない妊娠を回避することができるのです。

月経と妊娠は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分布が変化することによって成立します。低用量ピルを服用して少量のエストロゲン&プロゲステロンを体内に供給することで、脳下垂体は「女性ホルモンが多い=妊娠」と認識し、卵胞の成熟、排卵、子宮内膜の再生産を制限しています。ヤスミンに含まれる黄体ホルモンであるドロスピレノンは、利尿作用によるむくみ解消が期待される新しい黄体ホルモン製剤です。

合成卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mg、黄体ホルモンであるドロスピレノンを0.3mg含有し、下垂体に作用して性腺刺激ストレスホルモンであるゴナドトロピンの分泌を抑制し、排卵を抑制する効果が期待できます。ヤスミンは、女性の経口避妊薬として使用され、1錠あたりドロスピレノン(DRSP)3mgとエチニルエストラジオール(EE)0.03mgを含む21錠の単相関錠で構成されています。ヤスミンの有効成分は、合成卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが0.03mg、黄体ホルモンであるドロスピレノンが3mgである。海外製品のため、一般的には個人輸入代行で販売されています。