スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

スピロテロールとは(通販サイクル)

スピロテロール(Spiroterol)はクレンブテロールが配合された商品で、ダイエットや筋トレに活用される方も多いです。オオサカ堂やJISAなどからスピロテロールは通販で購入でき、3ヶ月に1回ほどのサイクルでリピート購入している人が多いです。

スピロテロールの有効成分である「塩酸クレンブテロール」は、日本で承認されたスピロペント錠の有効成分でもあり、気管支を拡張して呼吸を楽にするために使用されます。スピロテロールがダイエット対策に使われるのは、主成分のクレンブテロールが体温を上昇させ、代謝サイクルを高めて脂肪を燃焼させやすくするからです

スピロテロールの筋肥大効果は、蛋白同化ステロイドのスタノゾロールと似ています。クレンブテロールは他の蛋白同化ステロイド(アナボリックステロイド)の違いは、はホルモン製剤ではないので体内の男性ホルモン(テストステロン)に影響を与えないということです。比較的ホルモンへの影響度が低いスタノゾロールとスピロテロールの効き目は似ているとされていますが、アナボリックステロイドであることには違いがないので注意してください。

スピロテロールは大手製薬メーカーが製造しており、説明書通りに使用すれば安全に使用することができます。スピロテロールは、ウエストプラン製薬が販売している気管支拡張剤です。日本でも認可されているスピロペント錠と同じクレンブテロール塩酸塩を主成分としているものと思われます。スピロテロールの主成分はクレンブテロール硝酸塩分であり、スピロペントやトニールと同様に気管支拡張薬として医療機関で処方されていますが、市販薬には含まれていません。スピロテロールはジェネリック医薬品であるため、先発医薬品に比べ安価で効能もほぼ同じです。

クレンブテロールを含有するデコイをラットに与えてクレンブテロールの同化作用を調べた追試では、腓腹筋の体積、タンパク質、RNA配合量の大幅なUPと副睾丸脂肪体量の低下を引き起こすと記載されています。また、体温を上昇させ、交替を改善し、脂肪を効率的に減少させるので、筋肉量を維持しながら減量するのに適しています。

クレンブテロールは、アドレナリンβ2受容体を活性化することで、脂肪を燃焼しやすい体質にします。同時に、異化作用(筋肉が異化されて攻撃される事象)を防ぐ効果が大きく、同化作用はあまり期待できません。β2受容体は膀胱にも存在し、そそがれると筋肉を弛緩させ、腹圧性失禁を進行させることができます。脂肪を分解する酵素が分泌されると筋肉量が安定しにくくなるので、服用して有酸素運動を行うことで、効率的なカロリー制限を実現することができます。

気管支喘息は、気管支の炎症と風光明媚な通りの狭窄が原因で、β2受容体と呼ばれる交感神経によって気管支が煽られることで発症します。クレンブテロールは、このβ2受容体を刺激して気管支を拡張させ、喘息症状を緩和させる効果があります。クレンブテロール塩酸塩は、気管支を拡張して呼吸を楽にする効果があるとして、日本で承認されている「スピロペント錠」の有効成分です。