プロバンサイン

プロスパス(ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロバンサインとは(Amazon・楽天以外での通販)

プロバンサインはAmazonや楽天などの通販サイトでは販売されておらず、市販の薬局でも購入できません。「オオサカ堂」「お薬なび」「ライフパートナー」などの海外通販サイトで注文するしか現在はネットから購入できません。老舗サイトのオオサカ堂では、プロバンサインの格安ジェネリックである「プロスパス」も通販可能です。

プロバンサインを服用することで、汗腺を刺激して汗を出させる神経連絡物質であるアセチルコリンの排出を禁止し、汗をかきにくくします。全身に出る発汗を抑制することで多汗症の症状を抑えるため、デオドラント製品などの治療で効果が得られない場合に使用することができます。多汗症対策と位置づけた場合、基本的にいつでも1~3回、たっぷりの水かぬるま湯で服用するとされています。胃に詰まる雰囲気が少ないお薬ですので、覚えやすくするために、お腹が空いている時に服用されることをお勧めします。

服用は基本的に1錠から開始しますが、症状により適宜増減します。会議、講演会、車の発進前など、発汗を抑えたいときに30分~1時間前にプロバンサインを服用することが推奨されています。プロバンサインの有効成分である臭化プロパンテリンは、抗コリン作用(アセチルコリンが受容体に結合するのを防ぐ)により、発汗を抑制します。最終的には、汗をかくという命令を強制的に抑制することで、多汗症を救うのです。

プロバンサインは、抗コリン薬として知られ、古くから使用されている薬です。胃や腸のけいれんを抑える働きがあり、腹痛などの治療に服用されていました。最近では、膀胱や汗腺への強力な作用が注目され、夜間のおねしょや多汗症の治療薬として多くの人に使用され、実用化されています。また、汗腺を刺激して汗を出させる作用を抑えることで、過剰な汗の分泌を抑え、わき汗の症状を一時的に弱める効果もある。多汗症やわきがを根本から健康にするためには外科的な治療方法が一般的ですが、一時的にでも症状を和らげるためには有効な治療方法です。

プロバンサインとは、抗コリン性鎮痙剤といわれる伝統的な薬で、日本ではファイザー株式会社が再生産し、販売している作業歴のある薬です。日本では1953年から認可されており、多くの方に服用されています。プロバンサインは、アセチルコリンが受容体に作用するのを防ぐことで、前交感神経の働きを弱め、抗コリン作用を発揮します。その結果、消化管や胆管の異常な動きである症状を抑え、痛みを和らげます。また、膀胱の過剰な役割を抑制し、夜尿症や遺尿症などの症状を改善することができます。

多汗症に非常に有効な治療薬として日本皮膚科学会でもプロバンサインは推奨されています。手のひらや足の裏側、全身に異常な発汗が見られるユーザーは、プロバンサインを服用することで健康的な効果を期待することができます。プロバンサインは、有効成分であるプロパンテリン臭化物により、発汗の指令を出す伝達重物であるアセチルコリンの働きを抑制する効果があります。さらに、自律神経遮断作用が筋肉の緊張を緩めることで働き、発汗量の増加や夜間頻尿を予防します。服装のトーンを変えてしまうほど汗をかく方、汗のかきすぎで拳を握らされるのが心配な方、顔に汗をかきやすく化粧が崩れやすい方などにおすすめです。