クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

クロミッドとは(ワールド通販)

クロミッドは海外からワールド通販(個人輸入)で入手することができ、アナボリックステロイドのケア剤として購入される男性も増えて生きています。オオサカ堂やJISAではトルコ製の「クロメン」という商品を購入できます。クロミッドの国内エージェントにはアイドラッグストアーや空詩堂などがありますが、商品価格が高いため海外サイトから通販する人が多いです。

クロミッドは、1961年に米国メレル社(現サノフィグループ)から発売された排卵誘発剤クロミッドの後発品です。有効成分としてクエン酸クロミフェンを含有し、摂取することで連鎖的に排卵が起こり、不妊治療への有効性が一目でわかるように記載されています。排卵誘発剤クロミッドと同じ成分であるクロミフェンのジェネリック製剤です。先発品のクロミッドよりも有効成分の量が多く、クロミッド錠1錠にクロミフェン100mgを含有しています。

クロミフェン製剤による排卵誘発治療は、一般的に成分配合量50mgの下限容量から開始し、効果がないと判断された場合は最大100mgまで増量されます。クロミッドには、クロミフェンが100mg含まれています。クロミッドは、以前にクロミフェン製剤で治療を受けたことがあり、承認された用量での治療が必要な方に有用です。クロミッドの効果は強く、服用した無排卵の患者さんのおよそ70%以上に排卵成功のコメントが届くと言われています。

クエン酸クロミフェン(クロミッド)は、1961年にメレル社によって作られた排卵誘発剤で、アメリカでは長年使用されており、事故のないことが確立されているお薬です。シリアスハイは、1日25~150mg(0.5~3錠)です。排卵障害のある女性にとって、不妊治療は通常クロミッドの使用から始まるといっても過言ではありません。排卵誘発剤は、実際の治療、人工授精、体外受精に使用されます。

排卵誘発剤は、排卵が正常に行われないことによる不妊症の再確認に使用することができます。卵胞の成熟に必要なホルモンの分泌を増加させる効果があります。排卵誘発剤は、卵胞を十分に成熟させ、熟成させることで排卵を誘発する効果があります。他の排卵誘発剤と比較すると、排卵誘発剤の効果はやや控えめです。排卵誘発剤は、月経が完全に止まっている無排卵性間隔症候群や、卵胞ホルモンの分泌が正常な第一度無月経など、軽度から中等度の排卵障害の治療に向いているといえます。体への負担が少ないという利点がありますが、卵巣機能が著しく低下しているような重度の排卵障害の治療には絶対に向きません。

月経は出現するが排卵がないために起こる不妊症の薬で、男性が使用すると、精子や乳児の生殖能力の向上、精子の成熟度の向上が期待できます。不妊治療には、薬を処方するだけでも診療費や薬剤費などトータルでかなり高額な費用がかかります。クロミッドは、排卵誘発剤クロミッドのジェネリック医薬品です。日間服用することで、排卵を促し妊娠しやすくします。繰り返しになりますが、筋肉増強のためにアナボリックステロイドを使用している方や、男性ホルモン悪化の副作用からの迅速な完治のためにも服用されています。