フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカンとは(通販カリヨン薬局)

ジフルカンのジェネリックである「フォルカン」(Forcan)はネット通販で購入でき、オオサカ堂やオランダ屋、ベストケンコー、お薬なびなどの個人輸入代行サイトから注文できます。マツモトキヨシやカリヨン薬局などでは市販されていないため、通販で購入する場合は海外の業者を通す必要があります。

ジフルカンはファイザー社が開発した商品で、膣カンジダ症や尿路感染症の治療薬として使用されています。膣カンジダは再発しやすい病気なので、症状を発見したらすぐに治療を開始し、治癒した後も再発を抑えるために飲むべきフルコナゾールの摂取量を示すことが推奨されています。内服薬だけでなく、膣内に挿入する膣錠を使用することで、治療費の負担を軽減することができます。

ジフルカンの有効成分であるフルコナゾールは、膣内を潤すことで女性の性交痛を和らげる副次的効果があると言われています。これは完全に研究状況に基づくものなので定かではありませんが、好んで実施したい効果であることは確かです。ジフルカン(ジフルカンジェネリック)は、女性の厄介な性感染症であるカンジダを治療する抗生物質です。

ジフルカンは、ファイザー社が製造・販売している抗真菌薬です。性感染症として有名なカンジダ症だけでなく、ほぼ全ての真菌感染症の治療に服用することが可能です。腟カンジダ症は性病ではありません。原因となるカンジダ菌は、力の強い女性の性器に普通に存在する真菌です。カンジダは、ほてりやボトリティスによる感染症などの影響を受けて増殖し、大きくなりすぎると症状が出ることがあると認識されています。膣カンジダの治療で要望があれば、ジフルカンの摂取だけでなく、他の薬との同時使用も考慮してください。

ジフルカンの前身であるジフルカンは、1978年にファイザー社がトリアゾール系抗真菌薬として創製したものです。日本では1989年からジフルカンが承認され使用されています。膣カンジダは治っても、ホルモンバランスの改善や免疫力の沈下により再発することが多いです。もともと体内に存在するカビが原因なので、誰でも発症する可能性があります。そのため、女性の接触感染の中でも想定されることが多い病気で、若年層から50代の女性まで5人に1人は膣カンジダを自ら経験していると言われています。

真菌はカビの一種で、自然界や人間・動物の体内にも多く存在します。真菌が体内に存在しても、通常は体の免疫システムが真菌の増殖を抑えています。しかし、何らかの原因で体の免疫力が低下すると、菌が異常に増え、毒性疾患を引き起こすことがあります。ネット通販で購入できるジフルカンや、そのジェネリックであるフォルカンはこの症状を抑えるのに役立ちます。