トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トラセミドとは(通販ビーナス・アシスト)

トラセミドはフロセミド(ラシックス)の代わりとして注文の利尿剤。海外通販・個人輸入では「トール」や「ダイトール」というトラセミド配合の商品が人気です。海外通販をアシストしてくれる「ビーナスラボ」や「ベストケンコー」、「オオサカ堂」などの業者に注文するのが一般的です。

TOR(トール)は、インドのインタス・ファーマ社が製造するルプラックの後発品で、減量目的や浮腫を摂取する場合によく配合されます。ラシックスの有効成分であるフロセミド10mgとトールの有効成分であるトラセミド1mgは効果が似ているので、移行時の参考とするのがよいでしょう。血液やリンパの流れを良くしてスリムな体型に導くことができ、利尿剤で有名なラシックスの「約5倍」の効果があることから、人気の高い商品です。

トラセミドは、体内で使われなかった水分を排泄し、顔や移動手段の浮腫みを改善する即効性のある利尿剤で、ラシックスよりも高い効果が期待できます。トールは、個人輸入が問題外となっているフロセミド(ラシックス)の代わりに届くお薬です。強力な利尿剤であるルプラック錠の後発品として製造・販売されています。

トラセミドは心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫の治療によく使用されますが、不要物の発生や水分の残存感によってむくみを解消し、体重減少だけでなく人肌のツヤも修復してくれるものなのです。ループ利尿薬は、電解質成分であるカリウムを水と一緒に排泄するため、低カリウム血症を誘発することがあります。服用中に体調の異常(特に手足の脱力感、筋肉痛、元気のなさ)を感じた場合は、速やかに医師、経験豊富な医療従事者に相談するようにしてください。

トールは、心不全、肝不全、腎臓病などによる全身のむくみの治療に使用されます。また、浮腫の緩和にも使用されます。有効成分であるトレミドールは、腎臓の尿細管でのナトリウム(塩分)の把握を減らすことで尿量を増やし、体に負担をかけずに使い切れなかった水分や毒性物質を体外に排出します。また、全身をリフレッシュする手段として、ダイエット効果も期待できます。ただし、服用後1時間程度で頻尿になるため、外出時や就寝前の使用は控えた方がよいでしょう。

トールの有効成分であるトラゼミドは、フロセミド(ラシックス)よりも強力な効果を発揮し、体内にまだ残っている水分を放出させ、むくみを解消することができることが分かっています。ラシックスに限らず、ループ利尿剤はカリウムをため込まず、血液中の水分とともにカリウムの尿中排泄を促しますが、トールの場合はカリウムの尿中排泄が少ないため、カリウムの尿中排泄を促すことができます。血中のカリウムが不足する形のトールの良さは、低カリウム血症に伴う副作用の心配を軽減しながら、むくみの症状を治すことができる点です。