ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

ノバルスク10mg

 

 

 

 

 

メインテートとは(通販ノワール)

メインテートは高血圧のために使われる商品ですが、緊張を緩和するために使用される方もいます。以前はインデラルという商品がこの手の商品では人気でしたが、現在は個人輸入通販が禁止されています。そのため、メインテートと同一成分を含む「ビセレクト」(Biselect)をオオサカ堂などの海外通販サイトから購入する人が多いです。

メインテートは日本では出荷調整がされているようですが、海外製品であるビセレクトは今でも問題なく購入可能です。オオサカ堂なら送料無料で配送してくれます。

メインテートは、血圧を上昇させる神経の働きを抑え、血管の萎縮を弱めることで血圧を下げます。血液の循環をスムーズにすることで、心臓から供給される血液量が減ります。これらの薬は、心臓を中心としたいくつかの神経のインビートに対する体の良い反応に影響を与えることで作用します。

ビソプロロールを有効成分とするメインテートは、高血圧症、心室性期外収縮、慢性心不全、狭心症などを治療するために用いられます。高血圧、心臓の過労、胸部重圧感、胸痛、不整脈などの症状を改善します。日本では、2011年に田辺三菱製薬が「メインテート錠」の名称で承認・販売され、多くの医療機関で止血剤関連疾患の患者さんに処方されています。

メインテートは、心臓を修復して血圧を下げる薬で、高血圧のほか、狭心症、不整脈、慢性心不全などの治療に反映されています。医療機関で治療を受けるとき、ドラッグストアで薬の用紙を渡されるとき、薬局で薬を買うとき、ぜひ医師や薬剤師にメインテートの成分であるビソプロロールを飲んでいることをコメントするようにお願いします。ビソプロロールは、高血圧、過活動心臓、心拍異常、胸部圧迫感、胸痛の治療に使用されます。

メインテートが適応となる疾患は、「本態性高血圧症」「狭心症」、不整脈の「心室性期外収縮」「頻脈性心房細動」、他の慢性心不全治療薬使用中の慢性心不全などです。ビセレクトに含有・保持されている有効成分ビソプロロールフマル酸塩は、交感神経の亢進に関与するβ1受容体を阻害することで効果を発揮します。ビセレクトは、神経伝達物質であるノルアドレナリンと競合して心臓のβ1受容体に結合し、ノルアドレナリンによるドキドキ感の増大と心筋の収縮を抑制します。血圧は、心臓の脈拍が遅くなることで発せられる血液量の減少に伴って低下します。

ビセレクトは、心臓の交感神経に作用して降圧効果を発揮するメインテートの後発品です。インドのインタス社で製造されています。ビソプロロールは、交感神経系のβ受容体遮断薬に分類され、心臓にのみ作用し、喘息を誘発する可能性は低いとされています。また、β1-アドレナリン受容体遮断に対する選択性が高いため、循環器系疾患の治療に用いられます。

メインテートは、高血圧や狭心症の治療に有効です。この薬は、即効性があるほか、当日継続して服用することで、即効性を発揮することができます。そのため、途中であきらめたり、急に中止したりしないようにしましょう。メインテートで行われた臨床試験では、高血圧の人の9割を占めるとされる本態性高血圧に対して、70%以上の再認証確率を示しました。ビセレクトの有効成分であるビソプロロールフマル酸塩は、先発品と同様、臨床での高い有効性が期待されています。