トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

 

トリキュラーとは(通販web窓ロ)

海外版のトリキュラーは個人輸入することができ、その通販web窓口としていくつかのサイトを紹介します。「ベストケンコー」は1年分のトリキュラーをまとめ買いすることができ、1ヶ月あたり900円台の格安価格で販売しています。「オオサカ堂」「アイドラッグストアー」「オランダ屋」なども優良サイトですが、ベストケンコーに比べて値段が少し高くなっています。

トリキュラーを飲むと、月経周期が28日と考えて、毎月のスケジュールを立てやすくなります。で生理が重なって骨抜きにされても、トリキュラーの服用年や月を入れ替えれば、簡単にずらすことができるのです。日本では、計画的な避妊を希望する女性のための処方用経口避妊薬として、1999年にトリキュラーが承認されました。トリキュラーは、その確かな避妊効果と、購入・販売から40年近く使い続けられている様々な実績から、ほとんどの産科で処方される経口避妊薬として広く採用されています。

1979年に誕生した世界初の三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、2型女性ホルモンの数が異なる3つの錠剤を少しずつ供給する低用量ピルのことです。ゴムは男性に任せる避妊法ですが、トリキュラーなどの低用量ピルは、女性が自分でできる避妊法として非常に有効です。女性自身がアタリをつけることができるため、経口避妊薬による避妊は他の避妊方法よりも精度が高く、妊娠のリスクも可能な限り低減させることができます。

飲み忘れがなく、正しく服用すれば、90%以上の確率で避妊が可能で、ゴムよりも避妊効果が高いと言われています。生理痛や生理不順の再診、肌荒れの予防にも使えるため、2chや5ch、Instagram、Twitterでも私の商品になっています。避妊効果だけでなく、月経テンポの悪化の改善、月経痛の鎮静化、女性の天敵である肌荒れやニキビにも効果的です。低容量避妊薬(低用量ピル)の中では、日本の産婦人科医の間で最も処方率が高いです。ホルモン分泌が自然のドラフトに近い形で行われ、体の空きスペースに負担をかけない三相性の低用量避妊ピルです。

トリキュラーは低用量ピルでありながら副作用が軽く、これまでピルの服用を控えていた方や初めてピルを服用される方にもおすすめです。子宮の状態を変化させ、精子が子宮に入るのを防ぎ、受精卵が子宮に付着するのを阻害する効果があります。その高い避妊効果から、トリキュラーは世界中の医師から処方され、信頼性の高さで高い評価を得ています。服用開始から1日6日目まぶた、7日目以上1目線、12日目以上2目線と、体内に取り込まれるピルの種類が異なることを利用して、飲み忘れがないように注意が必要です。

トリキュラーに含まれるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンは、妊娠のメカニズムに反する働きをします。エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが優位に立つと、体内のセンサーが反応し、ホルモン分泌を調節する視床下部へ誘導されます。視床下部が女性ホルモンの本質的な増加を受け継ぐと、ホルモンの分泌を少なくすることができます。