ノルバスク10mg

アムリップ10mg(ノルバスク・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ノルバスクとは(通販エンペラー)

ファイザー製造のノルバスクは海外通販で入手できますが、値段の安い後発品である「アムリップ」(Amlip)の方が最近では人気です。アムリップは1,300円~で購入でき、100錠入りなので1錠あたり13円ほどのコストに抑えることができます。

有効成分アムロジピンは、血管の収縮を抑制し、血圧を下げるために使用されます。また、冠動脈を広げ、心臓への血液供給を改善する効果があるため、狭心症の治療にも使用されています。また、ノルバスクは高血圧だけでなく、酸素や栄養の豊富な血液を心筋に献血する機能を持つ冠動脈の血流を精製するのに適しているため、狭心症との相性が良いことが分かっています。

狭心症の場合、すでに発症している成人は、主成分として5mgを1日1回服用します。ただし、症状に応じて適宜増減します。効果の持続性、摂取量の奪取性ともに他の薬より一歩進んでいるノルバスクは、長期間にわたって血圧を適正値に保つ必要がある高血圧症の治療の第一選択薬として用いられることが多いのです。

ノルバスクは、高血圧や狭心症の治療薬です。有効成分はアムロジピン10mgで、カルシウム拮抗薬に分類されます。降圧効果と安心感から、世界的に人格度のローテーションで最も主流な薬となっています。正常血圧が高いこと自体には自覚症状はありませんが、放置すると心臓病や脳卒中を引き起こす可能性があります。ノルバスクは、血管を広げて血液の流れを良くし、血液や酸素がスムーズに供給される状態をつくります。また、血圧を落ち着かせることで、脳卒中や心臓病、腎臓病などを予防することが期待できます。ここでも、心臓の締め付けを弱めることで、心臓を落ち着けるために使用されます。

ノルバスクの有効成分であるアムロジピンは、血管収縮を促進するカルシウムイオンの動きを束ねる働きがあります。血管傷害の筋機構を構成する平滑筋細胞にカルシウムイオンが流入すると、血管が収縮します。高血圧が続くと血流が悪くなり、心臓や腎臓、脳の血管に合併症が起こることがあります。狭心症や左室肥大などの心疾患、蛋白尿のない慢性腎臓病、脳血管障害などを合併した高血圧の治療では、ジヒドロピリジン系チックに属さないカルシウム拮抗薬であるノルバスクが積極的に用いられ、取り入れられています。

有効成分のアムロジピンは、カルシウムが血管の細胞に入り込む手段を遮断することで、カルシウムの働きを抑制します。これにより、血管を広げ、高血圧の再増悪や狭心症の発作を予防します。ノルバスクは、アムロジピンを有効成分とするカルシウム拮抗薬で、日本では血圧を下げることにより、高血圧や狭心症の治療薬として承認されています。血糖値、尿酸値、脂肪酸値などに影響を与えないため、合併症に悩む患者さんにも適しています。  

高血圧の原因には、もともとの習慣(遺伝)、塩分の過剰摂取、脂肪、飲酒、運動不足、イライラ、喫煙、加齢など、さまざまな要因があります。また、適度な血圧の維持は、脳卒中や心臓病、腎臓病などの病気にかかるリスクを思いのほか減らすことができます。安全性が高く、作用時間が長く、1日1回の服用で間に合うことが期待され、高血圧治療の主薬として選択されています。