ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノタブとは(通販ショート)

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)はネット通販で入手するのが一般的です。オオサカ堂やJISAなどの個人輸入代行サイトでは10mg・5mg・2.5mgの製品を販売しており、髪の状態に適した商品を選べます。届くまでの日数は非常に短く、最短だと1週間ほどで到着します。

ミノタブは、壊れたヘアサイクルを正常化し、発毛を促進することが期待されています。フィナステリドと同じく、AGA改善に取って非常に重要な商品です。ミノキシジルタブレットは一般的に1容器50錠以下ですが、ミノタブは1容器100錠入りなので、低価格から購入することが可能です。ミノキシジルタブレットを使ったことがなく、少量から試してみたいという方には、ミノタブが最適です。

ミノキシジルは毛根に容易に作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することで発毛を促します。フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)などの有名なAGA治療薬と作用機序が異なるため、同時に使用することが可能です。頭髪の根元にある毛乳頭は、ヘアサイクルを司る非常に重い役割を持つキワモノです。ここに栄養がしっかり立ち寄って手元に来ると、若い髪が学習しやすいと言われています。逆に言えば、頭皮部分の体内の血流がひどく悪いと、育毛はうまくいかない可能性が高いのです。

男性型脱毛症(AGA)の治療薬として有名なプロペシアと、抜け毛を防ぐ薬であるプロスカーを併用することで、効果を発揮することができるのです。リアップなどの外用薬が皮膚に局所的に塗布するのに対し、ミノタブなどの内服薬は全身に服用し、強力な発毛・育毛効果を発揮する。ただし、内服薬は血管拡張作用による低血圧の副作用が出やすいので注意が必要です。

ミノキシジルは、AGA治療薬として有名なプロペシアなどのフィナステリド内服薬と同時に使用できることから、クリニックでも名前が挙がるほど、乏しい髪をアシストする効果があるのです。ミノタブは内服薬なので、頭皮にまんべんなく、状態をステップアップさせることができるのです。男性型脱毛症治療におけるミノキシジルタブレットは、有効成分5mgに限定されるものではありません。

ミノタブには5mg錠と10mg錠の2種類があり、含有成分量の違いで、どちらも半錠に分けた場合に備えて、錠剤に仕分け用の隙間が設けられています。ミノタブは5mgの成分でも効果があるため、5mg錠よりも中粒の10mg錠を服用した方がコストと効果のバランスが良くなります。外用薬は人間の皮膚から得られるものですが、ミノタブは全身の血流によって頭皮の隅々まで行き渡ることもあり、強力な育毛効果を発揮します。

ミノタブの主成分であるミノキシジルは、血管の細胞ダミーにあるKATPチャネルを開く。すると、血管平滑筋を弛緩させる質量物質であるアデノシン三リン酸が、与えられたKATPチャネルを通って血管の細胞内部分に流れ込みます。アデノシン三リン酸が血管細胞に流れ込むと、頭皮をはじめ全身の血管が広がり、血流が促進されます。ミノキシジルは血管を発達させることで、頭皮の細い血管から毛乳頭に栄養を加え、発毛・育毛を促進させます。