トール20mg【ラシックスの代わり人気No.1】

アルダクトン100mg(スピロノラクトン)

 

 

 

 

 

ラシックスとは(通販シンフォニー)

ラシックスは現在個人輸入できなくなっており、その代わりとしてはルプラック(有効成分トラセミド)がよく購入されています。ルプラックには「トール」というジェネリックがあり、値段の安いこちらの方が人気です。オオサカ堂やベストケンコーなどでは、ラシックスから切り替えた方の口コミ・レビューがたくさん掲載されています。

ラシックスはループ利尿薬に分類され、特に強力な利尿薬です。利尿作用が急激に現れることがあるため、就寝前のラシックス服用はおすすめできません。ラシックスなどフロセミドを含む医薬品は、2018年より輸入が停止されています。規制薬物の輸入には手数料がかかりますのでご注意ください。

ラシックスに含まれるフロセミドは、腎臓に作用して尿量を増加させる作用があります。尿を大きくして尿の排出を促すことで、体内に凝集した残留水分が排出され、むくみが解消されます。利尿作用は非常に高く、使用開始後30分、2時間後に適量に達します。効果の持続時間は6時間までと長いので、長時間の服用が必要です。

作用機序は、腎臓の尿細管という頭に水分を入れる部分で、ナトリウム(Na)と塩素(Cl)の働きを抑制することです。尿にはナトリウムと塩素が同時に再記憶されているので、それらの再記憶を阻害することで、尿が再びつかえることを抑制します。ラシックスは、フランス・パリに本社を置くサノフィ・アベンティス社が開発した利尿剤である。腎臓の尿細管でのナトリウム(Na)と塩素(Cl)の再記憶を阻害することで、尿の貯留を抑制し、利尿作用をもたらします。

ラシックス(Lasix)は、体のむくみを取ることで血圧を下げる利尿剤です。捕獲前のサンプルやテレビ出演者の花形薬となっています。主成分のフロセミドは、腎尿細管での水分や塩分の再吸収を抑えることで、腎臓で作られる尿の量を膨らませ、体内の余分な水分やナトリウムの排泄を促します。これによって、むくみや血圧を下げる効果があります。

ラシックスは、高血圧症などに使用される利尿剤として選ばれている薬です。この利尿作用を応用して、むくみを一気に解消することができるため、俳優やタレントの間でも人気の商品です。ラシックスはループ利尿薬に分類され、利尿薬の中でも効果の強い部類に入ります。なお、寝る前に服用すると、手洗いの回数が増える可能性があります。前日に気合を入れすぎた場合や、睡眠不足の場合、顔が思いっきりむくんでしまうことがあります。そんな時はラシックスで、使い切れなかった体内の毒素や水分を排泄して、浮腫みを解消します。

利尿作用は下剤を服用後、約30分から1時間以上で現れるため即効性があります。さらに、薬に戻る途中の約6時間で血液から完全に消え、24時間後には尿からも完全に消えるので、蓄積されにくく使いやすい「切れ味のいい利尿剤」です。摂取しすぎると、体外に排出できないカリウムが不足する状況になりがちなので、野菜や果物をしっかり摂るようにしてください。