リピトール10mg

アトルバスタチン10mg(リピトール・ジェネリック)

 

 

 

 

 

リピトールとは(通販ディビジョン)

リピトールは高脂血症に役立つアイテムとしてディビジョン(分類)されています。ファイザー社の先発品でも非常に安いので、個人輸入でも人気の商品となっています。さらにお得なリピトールのジェネリックの取り扱いもあります。

リピトールは、世界で最も広く使用されている高脂血症治療薬で、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症の治療に使用されています。リピトールは、体内のコレステロール値を低下させる治療薬です。治療効果だけでなく、狭心症や心筋梗塞を予防する効果もあります。また、中性脂肪を減少させ、脂肪がつきにくい体質に改善する効果もあります。

日本では、山の手製薬(現アステラス製薬)とファイザー社が共同開発し、高コレステロール血症や家族性コレステロール血症によく効くということで承認されています。リピトールは多くの国で承認されており、最近では約140の国や場所で販売されています。リピトールは、コレステロールの生成に不可欠な酵素であるHMG-CoA還元酵素を阻害することにより、LDLコレステロール値を低下させる効果が期待されています。

リピトールは、悪玉コレステロールを下げる効果があることから、「ストロングスタチン」の別名で従来の脂質異常症治療薬に含まれています。有効成分アトルバスタチンが、肝臓でのコレステロール合成を担うHMG-CoA還元酵素の動きを阻害することでコレステロール合成を抑制し、血中の脂質動態を正常化して動脈硬化のモデレーターをトリミングします。一般に、悪玉コレステロールが多いということは、血液中の脂質の異常が指摘され、血管が充満し、同時に他の病気も発症する可能性があります。動脈硬化は心筋梗塞、狭心症、脳卒中などを非常に高い確率で引き起こすと言われています。

心臓の周りの血管が詰まると心筋梗塞、脳の血管が詰まると脳梗塞になる可能性があります。コレステロールが高騰すると、こうした危険度の高い状態が拡大することが懸念されます。リピトールは、コレステロール値を下げる薬で、主に脂質異常症の治療に用いられます。

生活習慣病のひとつに脂質異常症というものがあります。悪玉コレステロールが極端に多くなったり、逆に善玉コレステロール(H-download cholesterol)が少なくなったりする病気です。高コレステロール血症は、血液中の精神面のコレステロール値が再び高くなり、動脈硬化の進行を促進し、心筋梗塞や狭心症の可能性が高くなる状態です。

臨床試験では、リピトール20mgを1日1回10mg半錠で服用することにより、発症者の81.4%が複合コレステロール値の正常上限値である220mg/dl以下に、また85.1%がLDLコレステロール値の正常上限値である220mg/dl以下に低下することが確認されています。上限値140mg/dlをぎりぎりまで下げることができたと考えられています。また、リピトールには中性脂肪を減少させる作用があり、脂肪を蓄積しにくい体質に改善することが期待されています。