トリキュラー21(低用量ピル)

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

ピルとは(通販ビーナス)

ピルは海外から個人輸入することができ、トリキュラーやアイピルなどを購入されている女性が多いです。「ベストケンコー」や「オオサカ堂(大阪堂)」、「アイドラッグストアー」などではマーベロンなど他の種類のピルの取り扱いもあります。

経口避妊薬の開発以来、避妊効果を損なわずに副作用の発生を抑えるために、女性ホルモンの配合量をできる限り少なくする試行錯誤が行われてきました。トリキュラーは、自然な女性ホルモンの動態に合わせた3つの錠剤を使用することで、女性ホルモンの配合量を減らしても月経周期をコントロールできるように改良されました。

女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能の維持に大きな役割を果たす非常に重要なホルモンです。これらのホルモンが増減することで月経周期のリズムが生まれ、妊娠・出産が成立します。日本では1999年にトリクロンが処方されるようになりました。以来、ほとんどの婦人科やレディースクリニックで入手できるようになりました。

トリキュラーは、1979年に開発された世界初の三相性低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、2種類の女性ホルモンの量が異なる3つの錠剤を一定間隔で服用する低用量ピルのことです。トリキュラーを服用すると、月経周期が28日に揃うので、毎月の生理の予定が立てやすくなります。旅行などで生理が重なるのを避けたい場合は、トリキュラーを服用する日数を変えることで、簡単に生理をずらすことができます。

経口避妊薬を使用して避妊を希望する女性924名を対象に、トリキュラーの臨床試験が実施されました。臨床試験に参加した女性は、毎日1錠ずつトリキュラーを服用する以外は、普段と変わらない生活を送りました。臨床試験中は、ゴムなどの避妊具を使用せずに性交を行い、避妊効果を確認した。

アイピル(i-Pill)は、インドの大手製薬会社が開発した緊急避妊薬(アフターピル、モーニングアフターピル、緊急避妊薬)です。アイピルは、ホルモンバランスを一時的に変化させ、排卵を遅らせたり、排卵が起こらないようにしたり、受精卵の着床を阻害したりします。その結果、体内に入ってきた精子が卵子と受精するのを防ぐことができ、行為後の緊急避妊が可能になります。

妊娠は通常おめでたいことですが、様々な事情で必ずしも喜ばしいことではありません。アイピルは、事前に準備して使用したコンドームが破れたり外れたりして避妊ができない場合に使用できる緊急避妊薬です。日本では「ノルレボ錠」(あすか製薬、武田薬品工業)という商品名で販売されている、同成分のレボノルゲストレル1.5mgを含有するジェネリック医薬品です。

アイピルはピラマル・ヘルスケアが開発・販売しており、ノルレボのジェネリック医薬品であるため、通販で安く購入することができ、安全性にも優れています。アイピルは、性交後に避妊を可能にするアフターピルです。行為後72時間以内であれば、高い確率で緊急避妊を行うことができます。

アイピルは服用が早ければ早いほど成功率が高くなるので、緊急時にはなるべく早く服用する必要があります。アイピルは、世界中で多くの女性に利用されているアフターピルの一つです。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、従来の緊急避妊法(ヤッペ法)よりも高い妊娠抑制率を示すことが分かっています。