フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フォルカンとは(通販カンパニー)

フォルカン(Forcan)は「シプラ」というインドの大企業が製造する抗真菌剤です。50mg・150mg・200mgの3種類あり、最安通あhんサイトでは1錠50円台で購入できます。ジフルカンよりコスパの良い商品をお探しの方はぜひご検討ください。

有効成分のフルコナゾールは、薬を一緒に体内に取り込む際に特に気をつけなければならないものでしょう。それは、トリアゾラム(ハルシオン)という薬で、何かあると眠れないという人が使っているものです。腟カンジダ症は再発しやすく、一度移ると、仕事の疲れや病気、風邪などで免疫力が低下したときに再発することがあります。膣カンジダ症の再発が早ければ早いほど、フルコナゾールの治療効果は高くなります。

真菌は空気中、土壌中、人体中に普通に存在しますが、健康な人でなければ通常伝染することはありません。しかし、その場所が清潔でなかったり、何らかの理由で免疫力が低下していたりすると、接触感染が起こり、症状が出ることがあります。フルコナゾールは、真菌に特有のエルゴステロールでできた細胞膜のリレー合成を阻害することで、真菌を傷つけずに真菌感染症を治療します。

フォルカンの効果がジフルカンと同等であることを考慮すると、フォルカンの1回の服用で膣カンジダ症の成長が期待できます。さらに、ジフルカンが50mg錠と100mg錠しかないのに対し、フォルカンは150mg錠があるため、節約して1錠で治療することが可能です。フォルカンの有効成分であるフルコナゾールは、効果の持続性に優れ、その作用は長年にわたって持続します。


エルゴステロールはエブリコールが14-C脱メチル化という過程を経て生合成されます。フルコナゾールは、14-C脱メチル化に必要なチトクロームP450に結合して、この過程を阻害します。フォルカンの有効成分であるフルコナゾールは、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの生合成にブレーキをかけているのです。エルゴステロールが生まれず、その恩恵を受けられないことで打撃を受けた真菌は、細胞膜の仕様が低下し、増加が制限されることになります。

フォルカンは、インドの医薬品製造会社であるシプラ社が販売している抗真菌剤である。有効成分のフルコナゾールは、薬理学的にはアゾール系抗真菌薬に分類される。カンジダ症は、性器周辺のかゆみ、おりものの急増などの症状を引き起こします。軽症の場合は、膣内の浄化により自然に治る瞬間もありますが、かゆみが強い場合は治療薬によるケアが必要です。

フォルカンが膣カンジダ症の治療に適しているのは、真菌の中でもカンジダ菌に作用するためです。有効成分フルコナゾールを服用すると、真菌による接触感染、特にカンジダ真菌症やクリプトコッカス真菌症に治癒効果を発揮します。フルコナゾールは女性の感受性を高めることが分かっています。どこまでも真菌感染症治療薬なので、安全で役立つように少し使用方法を守るとよいでしょう。