バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

抗生物質とは(通販ポーション)

バルトレックスは、ウイルスの繁殖を抑制する作用があるため、ヘルペスの治療薬としては比較的高価であり、有用である。ウイルスの増加を閉じ込めることで、不適合部位の拡大や炎症の落下を最小限に抑え、回復までの年数を早めることができるのです。副作用は必ずしも明らかではありませんが、中には重篤な副作用もあることを知っておくことが大切です。特に、初期症状を知っておくことで、早めの治療が可能になります。

バルトレックスはグラクソ・スミスクライン株式会社が大量生産・販売していますが、有効成分バラシクロビルが体内に取り込まれることで抗ウイルス有効成分アシクロビルに書き換えられ、体内で把握されると考えています。

バルトレックスは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発した抗ウイルス剤です。有効成分であるバラシクロビルがヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を緩和させます。バルトレックスの服用を継続することで、治療中だけでなく、服薬に同意して幕引きとなった後も、ヘルペスの再発サイクルを抑えることが可能です。

ヘルペスの治療薬としては、ゾビラックス(アシクロビル)も有名です。バルトレックスはゾビラックスを少し逆転させたもので、発症率や副作用が少なくなっています。性器ヘルペスの再発をガードするためにバルトレックスを服用することで、配偶者への接触感染も穏やかになると認識されています。しかし、完全ではないので、接触感染のリスクを減らすためにコンドームの使用が推奨されます。

ジスロマックは、現在、クラミジアの治療で最もよく使われている抗生物質です。ジスロマックがクラミジア治療の選択薬として特別に推奨され続けている動機の1つは、原因菌に対する顕著な有用性です。クラミジアに対するジスロマックの有効性は、承認時の臨床試験で実証されています。クラミジアによる尿道炎および子宮頸管炎の患者さん108名において、ジスロマックの高用量(有効成分1,000mg)投与により、90.7%の方に症状の改善が認められました。

なお、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ノロウイルス)、おたふくかぜは、ウイルス性疾患には効果がありません。クラミジア以外の疾患に対するプッシュ率は、ジスロマックの国内承認時に実施された臨床試験で実証されています。歯周病には85.9%、肺炎マイコプラズマには98%、副鼻腔炎には100%の効果があることが臨床試験で証明されています。

ジスロマックは、強力な経口抗生物質です。粉末を飲料水に溶かして飲むことで、強力な殺菌効果を発揮します。性病以外にも歯周病、呼吸器チック、皮膚炎、排尿許容相関など、幅広い症状に使用されています。ジスロマックは細菌の繁殖を防ぐ能力が高く、その効果が早く表面化します。1日1回、3日間の服用で、他の仲間を7~14日間使用するのと同等の効果が得られます。