アボダート(ザガーロ・ジェネリック)

デュタボルブ(ザガーロジェネリック)

 

 

 

 

 

ザガーロとは(通販ボックス)

ザガーロ(デュタステリド)は海外サイトからネット通販で購入することができ、日本にはない格安ジェネリックも多数揃っています。先発品のアボダートは値段が少し高めですので、コストを抑えたい方にはデュタボルブなどのジェネリックが推奨されています。オオサカ堂やJISA、アイドラッグストアーなどでザガーロジェネリックは通販できます。

アボダートの主成分であるデュタステリドは、テストステロン(男性ホルモンの一種)をDHTに変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用があります。プロペシアで髪を見直すことができなかった方は、アボダート0.5mgで発毛のリスクを軽減することができるかもしれません。

アボダートは、ブリテン社のグラクソ・スミスクライン社が販売している医療用医薬品で、重度のAGA(男性型脱毛症)の治療や、従来の薄毛治療で効果が得られなかった方のための医薬品です。アボダートの有効成分であるデュタステリドは、従来のAGA治療薬の成分であるフィナステリドよりも優れた減毛・進行効果を発揮するとして注目されています。

AGAの原因は、5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンであるテストステロンと結びつき、ジヒドロテストステロンを生成することで発毛サイクルが乱されることにあります。この酵素の作用は2種類に分類され、1型5αリダクターゼは主に皮脂腺に多く存在する酵素で、脂性の少ないブランド毛のお客様に多くみられます。アボダートは、従来の育毛剤よりも男性ホルモンを大きく抑制する成分が含まれているため、これまで効果が出にくかった男性にも効果があると、世界中の多くの方から賞賛されているAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

デュタステリドは5αリダクターゼという酵素に作用し、この酵素が男性ホルモンと結びつくと、脱毛の基となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。デュタステリドはこの酵素を阻害することで、脱毛因子の増加を防ぎ、抜け毛を防止します。プロペシアやフィンペシアなどのAGA治療薬で、ほとんど効果を感じられなかった方におすすめの商品です。

1日1回1錠を服用する手法です。わかりやすく、決まった時間に飲めば飲み忘れることもないため、人気のある薬となっています。次の服用まで最低でも24時間の周期を空ける必要があるため、食下や寝る前など、最適なタイミングを決めて服用することをおすすめします。

処方薬でありながら保険適用外のザガーロは30錠ごとに約10,000円で、表示価格は1錠300円程度です。訪問料と診察料が別々に割れることを期待して、1回の診察料が1万円を超えることも珍しくはありません。日本では、デュタステリドの医薬品特許動機は現在も切れていないため、ザガーロジェネリックを製造することはできないのです。しかし、インドではすでに数種類のザガーロジェネリックが製造されており、世界中のAGA疾患の方に服用されています。