デパスの代わりとして人気の商品

 

 

バスピン10mg(バスパー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

デパスとは(通販トレーダー)

デパスは以前までネット通販でトレードすることができたのですが、今は個人輸入が規制されています。そのため、現在では代替品となるバスピンやパキシルのジェネリック版を購入される方が増えてきています。

デパスは、精神を落ち着かせる作用があるため、心身症、神経症、睡眠障害、パニック障害などの治療にも適しています。先発品であるデパスは気分安定薬として知られ、うつ病やパニック障害に使用されていますが、心身症などの心身の不調にも効果があります。

ジェネリックのエチラームは、インドの製薬会社(インタス・ファーマシューティカルズ社)が製造しており、ジェネリックで安価という利点があります。デパスよりも購入しやすく、成分量も区別がつかないため、同じ効果が得られます。エチラームは、安定剤、抗不安剤、睡眠変容剤で有名なデパスのジェネリック医薬品です。

有効成分のエチゾラムは、脳内のベンゾジアゼパム受容体に作用して神経の興奮や不安を抑え、入眠しやすくします。うつ病、自律神経失調症、パニック障害などの内服安定剤、ストレスが原因といわれる不安感から寝つきが悪い方の睡眠導入剤として使用されています。エチラームはデパスの後発品です。日本ではワイカケージ(ロラゼパム)やデパスが人気ですが、通販で購入するなら、ジェネリックのエティラムの方がトータルで安く購入できるため人気です。

また、脳の興奮状態を鎮め、葛藤を抑える効果があり、この効果によって眠りにつきやすくなることもあります。この薬は主に、不安やうつ状態からくる不安感やジリジリ感を和らげたり、プレッシャーからくる筋肉の緊張を和らげるために使われます。また、満足感を得る気分が得られることから、睡眠導入剤として何度も処方されています。ベンゾジアゼピン系のデパスと同等の作用があります。

抗うつ薬や抗不安薬は、不安神経症の治療薬で、気分を回復させ、不安や重苦しさを鎮め、感情を落ち着かせる作用があります。また、デパスは睡眠抑制剤として、介護施設では、すぐに眠れない不眠や欲のある場合の頓服として処方されることもあります。睡眠障害に対して取られる作用は、寝ている間にぼんやり考える行為を抑制するためと考えられています。簡単に言えば、鎮静作用によって安眠が得られるということです。

また、筋肉の緊張をほぐす筋弛緩作用や痙攣を抑える抗痙攣作用もあり、幅広い症状に対応します。不安や心臓のドキドキで硬くなった筋肉をゆるめ、体をリラックスさせて眠れるようにします。エチラームは、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間作用型睡眠薬としても扱われ、取り入れられています。世界的に有名な「デパス」のジェネリック医薬品です。デパスは田辺三菱製薬が開発した抗不安薬で、白くて丸い錠剤が特徴です。デパスの主成分であるエチゾラムは、脳内のBZD受容体に結合し、兎角神経を活性化させ、精神を落ち着かせる作用があります。