フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ダイフルカンとは(通販 本丸)

ダイフルカンの通販本丸(輸入代行サイト)としては、「ベストケンコー」「オオサカ堂」「あんしん通販マート」「メデマート」などがあります。ジェネリックの「フォルカン(Forcan)」という商品が品質と価格のバランスがよく最も人気です。

ダイフルカン・ジェネリック(フォルカン)は、インドに本社を置くシプラ社によって製造・販売されています。シプラ社はインドのムンバイに本社を置く製薬会社で、1935年から医薬品製造を行っている長い歴史を持つ会社です。日本ではあまり知られていませんが、インドではジェネリック医薬品のシェアの多くをシプラ社が占めています。

ダイフルカンの有効成分であるフルコナゾールは、日本での臨床試験において、28日間服用した患者の約8割が膣カンジダの症状を消失したと報告されており、医療機関での処方が明確になっています。フォルカンは、ファイザー社が大量に生産・販売しているジフルカン(Diflucan)のジェネリック医薬品です。膣カンジダ症や尿路感染症の治療に使用することができます。

カンジダは再発しやすい病気なので、薬価は重要です。ジフルカンのジェネリック医薬品は、特に4錠入りのパッケージがトータルでは安価です。ダイフルカンのジェネリックは日本では販売されていませんが、個人輸入サイトで取り寄せることができます。真菌はカビの一種で、自然界や人・鳥・動物の体内にも広く存在する。真菌が体内に存在しても、通常は体の免疫機能によって繁殖を抑えられています。しかし、何らかの原因で免疫力が低下すると、真菌が異常に増殖し、有害な病気を引き起こすことがあります。

ダイフルカンは、フルコナゾールを含有する殺菌剤で、カンジダ症やクリプトコッカス症に有効な薬です。カンジダ症は、女性消費者の5人に1人が発症する疾患で、行為時の接触感染よりも、刺激や睡眠不足、ホルモンバランスの崩れ、免疫低下などにより、体の能力や免疫力が低下した時に発症しやすいと言われています。カンジダ症を放置すると悪化し、陰部のかゆみ、排尿時の痛み、おりものの出現などの症状が現れます。

ジェネリック医薬品もあり、錠剤のほか、カプセル剤、カステラ、点滴剤などが販売されています。ダイフルカンはアゾール系抗真菌薬に分類され、女性の膣カンジダ症、クリプトコックス症、菌状息肉症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌性髄膜炎と呼べる病気など様々な病気に使用されている薬です。

真菌はカビの仲間で、ダイフルカンの有効成分であるフルコナゾールは、カンジダやクリプトコッカスに対して抗真菌活性があります。膣カンジダの症状としては、外陰部のかゆみとおりものがあります。かゆみに関しては、非常にえずくことがあり、炎症が強い場合は痛みを伴います。おりものに関しては、ヨーグルト状、カッテージチーズ状、白濁、下着に付着するため、気づきやすいと思います。