アボダート(デュタステリド0.5mg)

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

デュタプロス(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタステリドとは(通販ボックス)

ザガーロの有効成分であるデュタステリド配合商品には格安ジェネリックがあり、ネット通販でのみ入手可能です。デュタボルブやデュタプロスなどの商品が人気で、オオサカ堂やJISAといった老舗通販サイトでは数百件ものレビューが寄せられています。

フィナステリドを有効成分とする育毛剤と言えばプロペシアが有名ですが、アボダートはフィナステリドよりも効果が高いとされるデュタステリドを中心成分として組み込んでいます。主に、従来の薄毛治療で効果が得られない方のAGA治療に使用されています。アボダートの主成分であるデュタステリドは、テストステロン(男性ホルモンの一種)をDHTに出力する5αリダクターゼという酵素を阻害する働きがあります。

薄毛の最大の条件とされているのが5αリダクターゼという酵素で、この酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類が存在します。プロペシアの成分であるフィナステリドはこのⅡ型の酵素にのみ作用しますが、アボダートの成分であるデュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に作用すると言われています。

アボダートはイギリスのグラクソ・スミスクライン社が売買している医療用医薬品で、重度のAGA(男性型脱毛症)側の方や、従来の薄毛治療で力を発揮できなかったヒトのための治療薬です。もともと前立腺肥大症(BPH)の治療薬として米国で承認されており、日本では2009年からBPHの治療薬として認可されています。グラクソ・スミスクライン社が販売するアボダートは、ザガーロのジェネリック医薬品で、ザガーロと同じ効果を発揮します。

アボダートは抜け毛をブロックするだけでなく、これまでの育毛剤よりも発毛・育毛効果が高いのが特徴です。副作用も確認されておらず、安心して服用できる雑誌薬です。DHT(ジヒドロテストステロン)は、誰もが体内に持っている男性ホルモンであるテストステロンから5αリダクターゼによって生成されますが、DHTが増加すると前立腺肥大や抜け毛が起こりやすくなると言われています。そこで、デュタステリドで5αリダクターゼを抑制すれば、DHTが減少し、前立腺肥大や脱毛が起こりにくくなると考えたのです。

前立腺肥大については、デュタステリド0.5mgを1日1回、24週間服用したところ、偽薬では8.7%減少したのに対し、前立腺面積は25.3%減少したことが試験結果から明確に示されました。デュタステリドは5αリダクターゼを阻害するので、DHTの量も減少しますが、前立腺肥大症の患者さんに1日1回0.5mgを6ヶ月間服用すると、DHTの血清濃度が89.7%減少することも確認されています。

アボダートにぶら下がる有効成分デュタステリドは、最初、前立腺肥大症の治療薬として構築されました。その後、男性型脱毛症に有効であることがわかり、男性についての男性型脱毛症に取り入れられています。アボダート(アボダート)0.5mgは、プロペシアの有効成分であるデュタステリドを成分に持つAGA治療薬です。通販でも人気を博している新しいAGA治療薬です。