アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

緊急避妊薬とは(通販ワールド)

緊急避難薬(アフターピル)は現在ではワールドワイドに認知されている避妊法です。ベストケンコーやオオサカ堂、オランダ屋などの個人輸入代行では「アイピル」や「エラ」などの格安商品もネット通販で購入でき、不測の事態に備えてあらかじめ用意している女性も増えてきているとのことです。オオサカ堂などでは緊急避妊薬を送料無料で発送してくれ、平日の注文なら即日発送手続きにも対応しています。

最近承認されたノルレボピルの利点は、1回服用で吐き気などの副作用がほとんどないことです。完全に解明されているわけではありませんが、受精卵の凝固床を塞ぐというよりも、排卵を阻害したり遅らせたりすることが主な効果であると考えられています。排卵前にアフターピルを服用すると、5~7日間排卵が抑制され、その間、女性の生殖器は精子を受精させる能力を失うと考えられています。

産婦人科でノルレボ錠を処方してもらうよりも、ずっと安価に緊急避妊ができるのです。アイピルは事前に通販で購入し、手元に置いておきましょう。あなたが目指している避妊方法は、性行為の24時間後に体内に取り込むと成功率が高いのですが、服用の目安時間を過ぎていても避妊できる場合があります。

自宅では市販の妊娠診断薬でしか確認できないため、早めに避妊しそこなったかどうかを知りたい場合は、医療機関に相談することが大切です。月経が弱い、月経がいつもより早いなど、気になることがあれば、医療機関に相談するとよいでしょう。つい最近まで、日本では緊急避妊薬がなかったため、一定量のホルモンを使用する「ヤッペ法」が使われていました。

緊急避妊は、ゴムの悪化などによって最後に選択する避妊法です。行為後72時間以内にピルを服用することで妊娠を断つ手法なので、緊急避妊ピルと呼ばれている。改めて、一般的に「アフターピル」とも呼ばれます。現在の対策は、ノルレボ錠を体内に取り込む方法のほか、従来のヤッペ法が主流です。アフターピルの服用方法については、個人輸入代行業者からレクチャーを受けることができないため、ご自身で使用方法を確認する必要があります。病院やクリニックに行きたくないというクライアントにはおすすめですが、活用方法だけは確認しておきましょう。

アイピルを使えば、産院でアフターピルを処方してもらうよりも、ずっと安い費用で緊急避妊ができるのです。妊娠%とは、アフターピル(緊急避妊薬)を服用した結果、妊娠した割合のことです。妊娠の可能性は非常に低いが(妊娠成立には排卵のピーク時のHが必要)、万が一のために緊急避妊薬を服用した場合も含まれるため、真の薬効判定にはつながりません。このため、月経テンポ100分あたりの妊娠率を考慮した妊娠予防率を算出しています。

医療機関では、アフターピルの服薬に関する批判も行っています。緊急避妊ピルを服用したにもかかわらず妊娠した場合、生まれてくる赤ちゃんに異常があることが分かっている場合は対象外としています。ノヴァTを実施して妊娠を継続したケースでも、全身性の先天性異常は確認されていません。

アイピルの有効成分レボノルゲストレルは、受精卵の着床と卵子の幼若排泄を抑制するため、性交渉後でも効果を発揮します。次の月経を不安な気持ちで待つのではなく、望まない妊娠を回避することができます。また、前駆作用として月経に影響を与えることができます。WHOの必須医薬品リストに掲載されているレボノルゲストレルによる緊急避妊薬は、国際的に認められた標準的な治療法と考えられています。