シーナック(白内障点眼薬)

 

 

 

キャンC(白内障治療点眼薬)

 

 

 

 

 

シーナックとは(通販コンソール)

シーナックはキャンCと同一成分配合の目薬で、海外通販サイトから簡単に注文できます。まとめ買いすれば1本1,000円程度のリーズナブル価格で購入でき、品質に対する評価も高いです。

シーナックはCan-Cと同じN-アセチルカルノシンを成分として持っていて、こいつの抗酸化作用が水晶体の混濁の発生を防いでくれます。この目薬は、レポートの解釈や愛車の操作に困難を嗅ぎつける中高年の他人を中心に普及が進んでいます。N-アセチルカルノシンに加えて含有されるカルボキシメチルセルロースという成分が、角膜救済・再生作用と抗湿潤作用を持ち、ヒトだけでなく動物(主に犬や猫)の白内障にも有効なためです。

シーナックはジェネリック医薬品であるため、安価に存在することがプラス面です。サイナックは、白内障治療用の最先端の点眼薬として、2010年に米国で販売されました。サイナックは、このキャンCのジェネリック医薬品として知名度が上がるのを待っているのです。

白内障になると、水晶体が濁って視野の限界が見えにくくなったり、外光がまぶしく感じられたりするなどの問題が生じます。シナックの主成分であるN-アセテルカルノシンは、水晶体を酸化から守り、白内障の進行を改善する働きがあります。シナックは、N-アセチルカルノシンという複合タンパク質を配合した白内障治療薬です。古くから白内障の進行を抑えるために使用されてきた「Can-C」のジェネリック医薬品で、犬や猫の白内障にも安心して使用できる薬剤です。

角膜上皮は多少傷ついても、細胞が再生されることでよくなります。この回復が妨げられると、角膜のトラブルや他の角膜の病気につながる可能性があります。カルボキシメチルセルロースには、角膜の修復を助ける働きがあると考えられています。白内障は、体内の抗酸化作用の低下により水晶体のタンパク質が酸化変性し、目のレンズが白く濁る病気です。視界がぼやける、品物が重なるなどの視力障害の症状が見られます。

白内障の治療には、セナックでモラトリアムを行う秘訣と、眼内レンズを使用する場合の治療の2種類があります。水晶体が濁る原因は、細胞に含まれるタンパク質の酸化変性にあると考えられています。タンパク質の変性は禁じ手なので、とにかく変性してしまうと元の状態に戻らなくなってしまいます。そのため、白内障は初期の段階で治療し、重症化させないことが重要です。

サイナックは、「N-アセチルカルノシン」という複合タンパク質を配合した白内障治療薬です。日本では未承認ですが、欧米でMC白内障などの治療薬として広く使用されている「Can-C」のジェネリック医薬品にあたります。

白内障は、目のレンズの役割を果たす水晶体が白く濁ってしまうことで見つかる病気です。水晶体が濁ると、外からの光を通しにくくなり、それに伴い視力低下が起こります。白内障は、初期にはまぶたが少しぼやけたり、物が二重三重に見えたりしますが、進行すると失明の危険性もあり、非常に治療が難しい病気です。