イトラゾール100mg(イトラコナゾール)

 

 

 

フォルカン(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

イトラコナゾールとは(通販ディビジョン)

イトラコナゾールは抗真菌剤に分類(ディビジョン)される成分です。この成分を配合した商品は個人輸入代行サイトから通販で購入でき、マイラン社の「イトラゾール」というジェネリックが定番商品です。

イトラコナゾールは、水虫やカンジダ症などの真菌感染症の治療を想定した薬で、薬で治らない水虫や爪カビの治療にも有用な薬です。有効成分のイトラコナゾールは、足白癬(水虫)、爪白癬(爪甲白癬)、頭部白癬、体部白癬、股部白癬などの真菌症や、カンジダ菌によるカンジダ症の治療に使用されます。特に治療が困難な白癬の治療に最もよく使用されます。

有効成分のイトラコナゾールは、アゾール系抗真菌薬で、真菌の細胞膜を構成する巨大物質であるエルゴステロールの働きを阻害する。
イトラコナゾールなどのアゾール系抗真菌薬は、全身で酸化されにくく、脂溶性であるため、長時間体内に留まり、どこに行っても効き目が続くという特徴があります。イトラコナゾールは、接触感染症の原因となる真菌を死滅させたり、その増殖を阻害することにより、真菌感染症に効果を発揮します。

イトラコナゾール錠の有効成分であるイトラコナゾールの有効性は、水虫を含む真菌感染症の患者を対象としたイトリゾールの臨床試験で実証されています。臨床試験は、心悸亢進治療と呼ばれる利用方法を用いて、水虫の患者さん合わせて52名で開始されました。動悸治療は、イトラコナゾール200mgを1日3回ずつ1週間投与し、その後3週間の休薬期間を設け、これを12週間かけて3回繰り返すことにより、摂取期間を短縮し、有効成分サプリメントの総数を減らすというものです。

イトラコナゾールはアゾール系抗真菌薬で、真菌の細胞膜を構成するエルゴステロールという項目の能力を阻害します。日本の介護病棟でも処方されているトリアゾール系抗真菌薬イトリゾールと同じ有効成分イトラコナゾールが配合されていると推測されます。この成分は、エルゴステロールの実際の合成を阻害することで、真菌(カビ)の繁殖を抑制し、さらに、滅菌されていることが望ましいです。

患部が外から見える場合は、クリームやジェル状の外用薬を使用し、食べるようにします。反響がない場合や、爪水虫(白癬)のように外用薬の染み込みが難しい場合は、スポラルなどの内服薬による治療が推奨されます。また、イトラコナゾール錠は、爪水虫以外にも、白癬菌とカビの一種であるカンジダ菌が同数ずつ接触感染して発症する「末端資質向上型水虫」などにも有効です。日本では、オビツの関連会社であるヤンセンファーマ株式会社から「イトラコナゾールカプセル」の名称で医療用医薬品として販売されており、参考出品は同有効成分含有製剤です。