デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタボルブとは(通販ノワール)

デュタボルブ(Dutavolve)はデュタステリド配合の商品で、日本で販売されているザガーロのジェネリックにあたります。アボダートなどの先発品より安く購入できることから、オオサカ堂やJISAなどの通販サイトでデュタボルブの人気は非常に高いです。

デュタボルブの有効成分デュタステリドは、男性型脱毛症AGAの出発点となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、AGAの引き締めに効果を発揮する薬です。プロペシアやフィンペシアなどのAGA治療薬で効果が感じられなかった方におすすめの商品です。デュタボルブを服用して数週間で、ホルモン分布が改善され、細くて短い髪がふさふさとしたコシのある頭髪に治ったという声も多く聞かれます。

デュタボルブはAGA(男性型脱毛症)治療薬で、有効成分デュタステリドが繰り返し薬を起こすことで、ヘアサイクルの正常化を改善し、健康な髪への生着・入れ替えをサポートします。AGAの原因物質である5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型にのみ作用する。フィナステリドの改訂版として誕生し、もともとAGA治療に特化した医薬品として作られたザガーロ(主成分:デュタステリド)は、I型とII型の両方の5αリダクターゼに作用するので、プロペシアで治療できないAGAに有効です。

次の服用まで最低でも24時間待つ必要があるため、夕食の折り返し前や横になっている時など、服用するシチュエーションを決めておくとよいでしょう。AGA治療薬「プロペシア」にもこの強力な有効成分フィナステリドが含まれていますが、プロペシアと比較するとデュタボルブは発毛作用に優れており、プロペシアで十分な効果が得られなかった方におすすめです。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドはⅡ型5αリダクターゼにのみ作用しますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に有効です。先発薬のザガーロと同じ成分・効果で、1日1錠飲むだけの手軽さと、低価格で購入できることも人気の理由となっています。有効成分のデュタステリドは、AGAの原因となる男性ホルモンの働きを抑制し、髪の成熟を遅らせ、髪が成長する前に抜け落ちてしまいます。そのため、ペラペラの短い毛を、任意の長さの太い毛に成長させる可能性があります。

デュタステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療にも使用されています。デュタボルブは、5αリダクターゼ酵素を阻害することにより、頭皮のジヒドロテストステロン(DHT)濃度を低下させ、男性型脱毛症を改善する。日本では、多くの住民が保険に加入しており、発症すると3割の生命保険金が支払われます。しかし、円形脱毛症の治療は保険が適用されない任意診療に指定されているため、100%自己負担となる。これは一般的な人間のスキンケアやAGAクリニックでも同じです。任意診療では医療機関ごとに運賃が異なることもあるため、画一的な治療を望んで画一的な薬を投与しても、その価値はまったく異なるということも少なくないのです。

AGAの順番を繰り下げるほか、育毛や発毛も期待できる。育毛効果は、毛髪が肥満気味に生成され、1本の毛根から複数の毛髪が自生することで露呈します。デュタボルブのジェネリックは30錠入りの容器で3,000円という価格で販売されており、1錠の総コストが100円程度なので、ザガーロよりもリーズナブルに購入できます。