バスピン10mg(バスパー・ジェネリック)

 

 

 

デパスの代わりとして人気の商品

 

 

 

 

 

バスピンとは(通販ソリューション・ジェネクリ)

バスピン(Buspin)はジェネリクリなどのソリューション型通販サイトで購入可能です。他には、オオサカ堂やベストケンコーなどの大手個人輸入代行サイトでも取り扱いがあります。

バスピンの有効成分ブスピロンは、商品名「バスパール」を含め、日本では販売されておらず処方することができません。日本では、有効成分ブスピロンの改良型であるタンドスピロンという成分を含むセディール錠という薬が処方可能です。不安に対する治療効果の丸い見方も、デパス錠とは異なります。不安症状は、脳内のセロトニンの働きが悪くなることで起こります。バスパーの有効成分であるブスピロンは、脳内のセロトニンを上昇させ、抗不安作用をあらわします。

バスパーの有効成分であるブスピロンは、うつ病や不安神経症、睡眠障害などの症状に対して回復即効性があり、不安を抑えながら心を熱くする薬です。抗不安薬として体内に取り込む場合は、2週間ではなく数ヶ月かけて徐々に効果を発揮し、1日4~5回投与することで薬の血中濃度を維持し、気持ちを安定させる。

インドの製薬会社Intusfarma社が製造するバスピンは、従来のベンゾジアゼピン系ではなく、新しいタイプの抗不安薬です。バスピンは、不安障害全般を改善することができるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。日本では全く通用しませんが、海外では抗不安薬として多くの人が服用しているバスパーのジェネリック医薬品です。

全般性不安障害とは、質の高い意欲を持たずに不安が続き、多くの仕事や特定の物事で現れた過度の不安や心配をコントロールできない精神疾患です。この症状が現れると、落ち込んでまとめられない、集中できない、眠れないなどの変化が現れるなど、様々な症状が現れます。このような症状に効果的なのがバスピンです。

ブスピロンは、ブスパーのジェネリック医薬品です。主に不安障害や不眠症の治療薬として承認されており、デパスなどと効能に差はなく、抗不安薬として知られています。ただし、エチラーム・エチゾラムなどデパスの代わりに使える薬はありますが、バスパンは成分が異なるためデパスと併用することはできません。日本では現在も認可されていないバスパーのジェネリック医薬品ですが、価格が高く、依存性がないことから世界的に非常に人気のある医薬品です。

ブスピロンの有効成分である塩酸ブスピロンは、脳内のセロトニンに作用し、その濃度を高める働きがあります。セロトニンが増えることで、不安や心配を軽減しながら、神経相互理解項目のアドレナリンとドーパミンを進め、自然な睡眠に導きます。ブスピンは、抗不安薬であるブスパーのジェネリック医薬品です。抗不安薬として多くの人が使用しているデパスのバリエーション検討として服用が待たれています。

バスピンはインタスファーマ社が開発した抗不安薬で、バスパールのジェネリック医薬品です。ベンゾジアゼピン系の怠慢な薬で、不安障害やうつ病に処方されることもありますが、睡眠を進める力があるため不眠症にも使用されることがあります。