トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーとは(通販net窓ロ)

トリキュラーの通販net窓口は多数あり、ベストケンコーやオランダ屋、オオサカ堂などが特に有名です。これらの大手サイトではトリキュラーの成分鑑定を実施しているため、安全に使用できるというメリットがあります。ベストケンコーでクレジットカード決済すれば、即日発送手続きをしてくれます(※平日の営業日のみ)。

トリキュラーを1年間継続使用した場合の避妊離脱率は9%と報告されており、避妊効果は91%以上とされています。トリキュラーは、低用量ピルの中で最も認知度の高い経口避妊薬です。トリキュラーは1979年にドイツのSchiesser Engagement Ring社(現Bayer AG社)から発売され、現在90カ国以上の女性に使用されています。

子宮の状態を変化させ、精子の子宮内への侵入を抑制し、受精卵の羽化を抑制する効果もあります。トリキュラーは、その高い避妊効果から、世界中の医師から処方され、厳しい認可のもと混合されています。トリキュラーは、日本で最も処方されている低用量ピルです。その場で自然にホルモン分泌を促し、排卵を抑制し、避妊の影響を受けます。1錠ごとにホルモン量が異なる3相性タイプで、身体への負担が少ない優しい薬です。

低用量ピルの基本的な薬理作用は、「排卵を抑える」「子宮内膜の肥大を抑える」「子宮頸管(子宮の入り口)の粘液を修正する」の3点です。トリサイクラーに含まれる成分は、顧客志向のホルモン剤です。レボノルゲストレルは黄体ホルモンであるプロゲステロンを、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンであるエストロゲンを模倣しています。

副作用を抑えた低用量ピルで、これまでピルの服用を控えていたお客様や、初めてピルを服用されるお客様におすすめです。トリシクラールは、有効成分としてエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを含有する低用量ピルです。赤、白、黄色の錠剤を順番に服用することで、女性の身体の生理的なホルモンの動態に導かれた3段階の服用方法によって、主要な避妊効果を発揮します。

トリサイクラーには、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)の2つの女性ホルモンが含まれています。トリキュラーであらかじめこの2つの女性ホルモンを体内に入れることで、体は比喩的に「卵胞はすでに成熟している」と勘違いしてしまうのです。卵胞を成長させる性腺刺激ホルモンが分泌されず、卵胞が成熟できず、排卵が消失してしまうのです。

飲み忘れがなく、正しい用法で服用すれば、90%以上の確率で避妊でき、コンドームより効果的です。また、生理痛や生理不順の改善、卵巣がんの予防にもなるため、2ch(5ch)、ヤフー知恵袋などで人気を集めています。黄体ホルモンは子宮頸管(子宮の入り口)の粘液を変動させ、精子が子宮に入らないように保護する。そして、薬を中止すると、脳下垂体が卵巣を刺激して、さらに排卵を促します。

トリサイクラーは、日本のクリニックで処方してもらうことができます。低用量ピルなどの避妊薬は保険適用外なので、お金を賭けるのであれば自費で買うしかない。トリキュラー21は、世界的に有名な低用量ピル(経口避妊薬)です。低用量ピルは、女性自身が妊娠・出産を保持するための女性ホルモン製剤で、低用量ピルを正しく服用すれば、避妊の確率は100%を大きく超えません。