バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスとは(通販ショッパー)

バルトレックスは海外通販サイトから個人輸入が可能で、先発品(500mg・1000mg)の他、バルシビル(Valcivir)やバルクロビル(Valclovir)などのジェネリックも販売されています。ベストケンコー・オオサカ堂・お薬なびなどからネット通販で容易にご注文いただけます。

バルトレックスは、グラクソ・スミスクライン社(GSK)が製造している抗ウイルス剤です。1錠に有効成分としてバラシクロビル500mgが含まれています。有効成分であるバラシクロビルは、服用することで体内に蓄積され、抗ウイルス作用を持つ成分であるアシクロビルに書き換えられると考えられています。

バルトレックスは、帯状疱疹、単純ヘルペス、水疱瘡などのヘルペス症状を治療するために存在し、日本の病院やクリニックで処方されています。ヘルペスになってから今すぐに服用すればするほど効果があるので、常備薬として持っておくことをおすすめします。

単純ヘルペスは、一般的にヘルペスと呼ばれている病気です。単にヘルペスとも呼ばれ、唇にできた場合は口唇ヘルペス、性器にできた場合は性器ヘルペスと呼ばれています。ヘルペスの治療は早ければ早いほど効果があります。人肌のヒリヒリ感やチクチク感など、ヘルペスの兆候があれば、バルトレックスの服用を開始することをお勧めします。

アシクロビル三リン酸は、通常の塩基仕上げであるdGTPと競合し、ウイルスDNAの末端でウイルスDNAポリメラーゼに取り込まれ、ウイルスDNA鎖の伸長を停止させ、ウイルスDNAのコピーを阻害します。これらの作用は、接触感染した細胞にのみ存在するウイルスのチミジンキナーゼによって引き起こされるため、ウイルスに感染していない細胞への変異原性の影響は小さいと考えられております。

成人の多くは、接触によってすでにヘルペスウイルスに感染しているが、多くの場合、症状も感覚もありません。しかし、ストレスや痛み、仕事の疲れなどで免疫力が低下すると、水疱や発疹などのヘルペスの症状が現れます。ヘルペスの症状が消失して治ったと感じても、そこから免疫力が下がると再発してしまいます。ヘルペスにかかると、皮膚に吹き出物ができます。完治は難しく、吹き出物が消えてもウイルスは体内に残っているので、体力が低下したり、外部から皮膚に刺激を受けたりすると再発します。

ヘルペスのウイルスが治るまでには通常3週間ほどかかりますが、バルトレックスを使えば10日ほどで治ります。また、神経の炎症を抑え、神経痛を和らげる効果もあります。ヘルペスの症状を対照できる場合は、できるだけ早く治療を開始するようにしましょう。バルトレックスを常備薬として購入することで、ヘルペスに一刻も早く対処することができます。

バルトレックスは、ゾビラックスのコストと効果のバランスを改善することで、より使いやすくすること成功しました。バルトレックスの有効成分バラシクロビルは、体内での代謝サイクルを経て、ゾビラックスの有効成分であるアシクロビルに変化するように設計されています。バラシクロビルはターンオーバーによって分解されないように確保されているため、成分を記憶する効率が大幅に向上します。