アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーとは(通販 チャレンジャー)

ジスロマックのジェネリックではアジー(Azee)が通販で最も人気となっています。250mg・500mg・1000mg版のアジーがあり、ベストケンコーやオオサカ堂など長年運営している個人輸入代行サイトでは1000mgが需要が高いです。これらの通販サイトでは送料無料で即日発送してくれます。

アジーは、クラミジア、淋病、梅毒などの性感染症の治療に用いられる「ジスロマック」のジェネリック医薬品です。性感染症が気になる男性や、おりものの悪臭が気になる女性には、アジーによる早期治療が推奨されています。アジーは、インドの大手ジェネリック医薬品メーカーであるシプラ社が製造しており、製品のクオリティが非常に高いため個人輸入でも人気となっております。

ジスロマックと同じアジスロマイシンを有効成分としていることに加えて、体内に長く留まるという利点があり、アジーもクラミジアに対する優れた治療効果を持っています。アジスロマイシンはジスロマックの有効成分であり、体内に長くとどまる薬です。アジスロマイシンを有効成分とする前身の医薬品であるジスロマックの臨床試験では、その有用性が確認されています。

アジスロマイシンは、感染症以外にも、膀胱炎、歯周病、呼吸器、耳鼻咽喉治療にも採用されており、肺炎や気管支炎などの呼吸器系の接触感染症、耳鼻咽喉科の接触感染症、そして皮膚感染症とも言える広域接触感染症の治療に満足のいく効果を発揮し、細菌などのグラム陽性菌の可能な限りの治療、細菌の二次感染、安全性の確保などにも有効です。また、グラム陽性菌を可能な限り治療するとともに、細菌の二次感染やセキュリティにも有効です。アレルギー症状を起こすことがほとんどないため、セフェム系やペニシリン系の抗生物質にアレルギーのあるユーザーにも処方することができます。

副作用はほとんどないと言われていますが、人によっては下痢や嘔吐、腹痛などの症状が出ることがあります。発熱、かゆみ、イライラなどの明らかな異常が見られた場合は、すぐに服用を中止し、医師の診察を受けることをお勧めします。アジーは長い間効果を発揮しますが、アルコールを飲むとアジーの効果が薄れてしまいます。抗菌作用が始まらず、症状の再検査に時間がかかることがあるので、アジー服用後10日間は飲酒を控えましょう。

接触感染でクラミジアに次ぐ感染者数を誇る淋病の場合、男性では尿道痛や激しい排尿痛、女性ではおりものや臭い、痛みなどの症状があります。細菌感染による淋病の場合は、男性では尿道痛や激しい排尿痛、女性ではおりものや悪臭、痛みなどの症状があります。症状が良くなっても、菌が潜伏して再発する可能性があるため、完治後も1週間は繰り返しアジーの投薬を行うことが推奨されています。

アジーには先発医薬品のジスロマックと同じ成分が含まれているので、同じような効果が期待できると考えられます。他の薬の場合、クラミジアは1週間の副次的な毎日の服用を繰り返す必要がありますが、アジーの有効成分であるアジスロマイシンは即効性があり、非常に長い間持続します。