レボクイン500mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

レボフレックス250mg(クラビット・ジェネリック)

 

 

 

 

 

レボクインとは(通販 タニヤン薬局)

レボクインはシプラ(Cipla)社が製造するクラビットのジェネリック版です。レボフロックス・エルクインと並び海外通販で人気の商品で、SNSや掲示板でも非常に高評価の商品です。レボクイン500mgの場合は10錠入りが1,300円(1錠あたり130円)ほどで通販できます。

クラビットの有効成分であるレボフロキサシン水和物は、ニューキノロン系の抗生物質です。肺炎や副鼻腔炎の原因となる肺炎球菌、膀胱炎の原因となる大腸菌、歯周病の原因となる化膿球菌、インフルエンザ菌など、多くの細菌を殺菌します。また、一般的な抗生物質では治療が困難な肺炎クラミジア、肺炎マイコプラズマ、緑膿菌などにも効果があります。

レボフロキサシンは、接触感染の原因となる病気の原因菌の増殖を抑制し、除菌を実現する効果があります。この成分は、コレラやサルモネラなどの細菌や、膀胱炎、気管支炎、肺炎、中耳炎、副鼻腔炎、咽頭炎、扁桃炎などの呼吸器系の接触感染症、その他予期せぬ感染症の治療に用いられます。その殺菌力は、これまで使用されてきたNEWキノロン系抗生物質であるオフロキサシンの約2倍であり、その抗菌作用は非常に強いものです。

クラビットは副作用が少なく、どんな種類の接触感染症にも安心して服用できます。クラビットはマクロライド系抗生物質に比べて苦味が少ないため、服用しやすいです。また、マクロライド系抗生物質に比べて苦味が少ないため、服用しやすいです。また、ペニシリン系物質にアレルギーのあるお客さまにもお使いいただけますので、比較的安全な抗生物質として知られています。

クラビット・ジェネリック(クイン)は、有名製薬会社シプラ社が開発した抗菌薬クラビットのジェネリック医薬品です。細菌を殺す抗生物質の薬で、接触感染をはじめとする細菌が原因の様々な病気の治療に使われます。インフルエンザに対する実質的な効果はありませんが、防御としては効果があるとされています。また、これまで同様、性行為の前に服用してガードする必要があります。

細菌はDNAを合成しないと濃くなりませんが、DNAはすべての動物に存在し、それぞれの鳥や動物の遺伝子の評判を保っています。レボフロキサシンを摂取すると、DNA合成を阻害することで細菌を殺すことができます。合成のシステムが異なる人間と細菌のDNAには影響を与えないため、毒性はありません。

レボクイン・レボフロックス・エルクインは、日本で医療用医薬品として使用されているクラビットのジェネリック医薬品です。クラビットは、内服薬だけでなく、部分点滴や点眼薬など、幅広い剤形での使用が想定されています。レボフロキサシンは、クラビットと同様に、特殊な細菌感染症や難治性の接触感染症の治療薬として、オフロキサシンの代替品として発売されています。