ザイザル5mg

クレブロス(ザイザル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ザイザルとは(通販イープラス)

花粉症対策で注目されているザイザルはネット通販で購入することができます。アレグラやクラリチンなどは薬局で市販されていますが、ザイザルは海外通販でしか入手できません。「クレブロス」(Crebros)という後発品が人気で、オオサカ堂やベストケンコーでは春先から注文が増え、一時在庫切れになることもあるほどです。

ザイザルは、レボセチリジンを主成分とする抗ヒスタミン剤で、強力な効力を持ち、眠気という副作用を軽減しています。花粉症の症状が発症したときに使用するのがベストで、アレグラでは抑えられないほど近隣の症状がひどい場合でもザイザルは効果を発揮します。

日本人の5人に1人が花粉症だと言われており、花粉症は今や「現代病」「国民病」と呼ばれています。花粉の飛散量が多く、鼻水やくしゃみが止まらない春先には、確かな効き目のある薬に頼りたくなりますが、薬を使う前には副作用を確認することが大切です。花粉症の原因となるヒスタミンをザイザルがブロックするので、アレルギー症状を弱めることができ、また、即効性も期待できます。

一般的な抗ヒスタミン薬の第一世代はジルテックです。ジルテックはアレルギー症状に強い効果を発揮しますが、眠気などの副作用があり、多くの人が服用できませんでした。ザイザルは、ジルテックの効能を継承しつつ、眠気などの副作用の症状を緩和したアレルギー治療薬です。ザイザルはジルテックと同じ効果を持つアレルギー薬ですが、ヒスタミン受容体拮抗作用が約2倍あるため、花粉症の症状が出てから服用しても、すぐに効果を発揮します。また、湿疹や蕁麻疹にも効果があります。

ザイザルは、UCBファーマ社が開発した抗アレルギー薬です。ジルテックの眠気を抑えつつ、ジルテックの効果の強さを維持し、布団に入りやすいように設計されています。ヒスタミンは、アレルギーを引き起こす体内の物体で、ヒスタミンH1受容体と結合してアレルギー症状を引き起こします。ザイザルの有効成分であるレボセチリジンは、ヒスタミンH1受容体と決められた方法で結合することで、ヒスタミンの働きを抑制し、効果を発揮します。

ザイザルは強い抗アレルギー作用を持ち、100カ国以上で承認されています。花粉症や蕁麻疹などのアレルギー症状の治療薬として、多くの方に使用されています。第二世代の抗ヒスタミン薬で、アレルギー性鼻炎、湿疹、皮膚炎、蕁麻疹、皮膚掻痒症などの治療に用いられます。

ザイザルが十分に効果を発揮するには3~4日かかりますので、花粉の飛散時期の初期からスタートして、油断しないようにすることをお勧めします。有効成分レボセチリジンを5mg配合した錠剤を1日1回服用するだけで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血、皮膚のかゆみなどを24時間抑えることができます。ザイザルは夜眠る前に1錠飲むだけでよく、車の運転も問題ないため比較的使いやすい抗アレルギー薬となっています。