アボダート(デュタステリド0.5mg)

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

アボダートとは(通販 アジール薬局)

アボダート(Avodart)は5α還元酵素の1型2型両方を阻害します。ネット通販でアボダートは購入でき、ジェネリックもありますが、その品質の高さから今でも一番売れ筋のデュタステリド内服薬です。オオサカ堂ではGSK社の正規品を通販可能です。

アボダート服用時の副作用として、1%以上の患者さんに表面化したものには、リビドー低下、頭痛、発疹などがあります。AGA治療は何よりも早期治療。これが薄毛対策の効果につながると言われています。初期の抜け毛、抜け毛の増加、薄毛、生え際が気になるなどの悩みを抱えている方は、AGAの効果を促進するアボダートをぜひ試してみてください。

抜け毛の最大の根本原因は5αリダクターゼという酵素で、その中にはI型とII型の2種類があります。プロペシアの成分であるフィナステリドは、このII型酵素には入りませんが、アボダートの成分であるデュタステリドは、I型とII型の両方の酵素に作用します。プロペシアの有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼ酵素の2型を阻害することで、DHTの生成を抑え、抜け毛を沈静化させますが、アボダート0.5mgの有効成分デュタステリドは、5αリダクターゼ酵素の2型をフィナステリドの3倍の強さで阻害するだけでなく、1型にも作用します。1型の酵素にも作用することで、DHTの産生をより強力に抑制することが可能となります。

アボダートは、すでに韓国では男性脱毛症の治療薬として正式に認可されており、日本では2009年に前立腺肥大症の治療薬として厚生労働省から認可されています。アボダートの主成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制することで、肥大した前立腺を小さくする効果が期待されており、また、DHTの生成を抑制することで、DHTの増殖によって引き起こされるAGA(男性型脱毛症)にも有効とされています。また、アボダートは前立腺肥大症の治療にも使用できます。

アボダートは、前立腺肥大症の治療薬として米国FDAに承認されたブランド名のある医薬品です。アボダートは、流通するナショナリズムによってブランド名が異なる場合があり、日本では前立腺肥大症の治療薬として「アボルブ」のタイトルで処方されています。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、誰もが体内に持っている男性ホルモンであるテストステロンから、5αリダクターゼという酵素によって生成されます。DHT濃度が高くなると、前立腺肥大や脱毛が発生・進行しやすくなります。そこで、デュタステリドで5αリダクターゼ酵素の働きを抑えれば、DHTの量が減り、前立腺肥大や抜け毛が減るのではないかと考えました。前立腺肥大症と男性型脱毛症の両方に使用できるのは、デュタステリドが5αリダクターゼ酵素を阻害することができ、両方の症状に5αリダクターゼが関与していることがわかったからです。

アボダートは通常、1日1回、1錠(0.5mg)をミネラルウォーターまたはぬるま湯で服用します。プロペシアとは異なり、錠剤タイプではなくカプセルに服した薬です。服用しない場合は、気づいたときに早めに服用してください。ただし、次のお薬の時間が過ぎてしまった場合は、1回分の換算を飛ばして、次のお薬の時間に1パイ分を確保するようにしてください。