アイピル(アフターピル)

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

アイピルとは(通販クスリロイヤル)

アイピル(iPill)は海外製の緊急避妊薬の定番商品で、複数購入すれば1回1,000円を切る通販サイトもあります。トリキュラーなどの低用量ピルを使うのがベストですが、緊急時にとってアイピルは非常に役立つアイテム。いざという時のために通販される女性が最近増えてきています。

アフターピルを手に入れるために医院に行かなければならないとなると、その価格は非常に高額です。医者に行くことの恥ずかしさ、妊娠のリスク、経済的負担に加えて、緊急避妊薬の使用には多くのデメリットがあります。本来、妊娠はおめでたいことなのですが、時間的に余裕があるときには、必ずしも喜ばしいことではありません。アイピルは、事前に打ち合わせをしてコンドームを使用したものの、破れたり外れたりして避妊できなかった場合のエマージェンシーソリューションです。

アフターピルは、通常の低用量ピルとは異なり、先に避妊をしてその日だけ服用することができるので、いつもよりこういうタイミングで服用すると考えれば、低用量ピルのような手間をかけずに服用することができます。そのため、念のためにあらかじめアイピルを持ち歩いている人も多いようです。

パートナーとの性交後72時間以内にピルを服用すれば、排卵日から少なくとも3日後まで排卵しなければ、90%の確率で妊娠を防ぐことができます。避妊薬を飲み忘れたことに気づいたら、できるだけ早く服用してください。イピルは緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック版です。避妊具がなくなりそうだとわかってから24時間以内に服用すれば、95%の避妊効果があります。

産婦人科で処方されるノルレボ錠よりもはるかに安価な緊急避妊薬です。I-Pillは通信販売で購入でき、手元に置いておくことができます。
I-Pillはノルレボ錠のジェネリック版です。I-PillはNorlevoピルのジェネリック版です。同じレボノルゲストレルが含まれているため、I-pillはノルレボピルと同じ割合で妊娠を中断することが期待できます。I-pillを含む緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊に失敗した後、いかに早く服用できるかにかかっています。あらかじめI-Pillを用意しておけば、緊急時に慌てることなく、妊娠のリスクを回避することができます。

アイピルは開発当初からピラマルヘルスケア社が略奪しており、ノルレボのジェネリック医薬品であるため、通販でも安心して安価に購入することができます。i-pillは、通信販売で購入できる緊急避妊薬です。i-pillは、避妊せずに挿入した場合や避妊に失敗した場合に、簡単かつ安心して意図しない妊娠を防ぐことができます。有効成分であるレボノルゲストレルは、日本の医療機関で緊急避妊に使用されており、現在は中止されています。性交時にコンドームの破損や装着忘れ、避妊の失敗をしても、24時間以内にアフターピルを服用すれば、95%の確率で避妊が成功します。