トリキュラー21

 

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーとは(通販ショッパー)

バイエル社が開発したトリキュラーは、日本では「アンジュ」という商品名でも知られています。海外版のトリキュラー21・28は通販で購入でき、ベストケンコーやくすりエクスプレスといった個人輸入代行サイトでは1箱800円ほどで販売しています。毎日服用するものですので、最低半年分以上まとめ買いするのが推奨されています。

トリキュラーは、低用量ピルの中で最も広く認知されている経口避妊薬です。トリキュラーは、1979年にドイツのシエス・プロミス・リング社(現バイエル社)が契約して販売を開始し、現在では世界90カ国以上で多くの女性に愛用されています。トリキュラーには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方が含まれており、時間帯によって2つのホルモンを3つの方法で配分することで、自然なホルモン分泌を模倣し、副作用を軽減しています。

トリキュラーの避妊効果は、服用している間は有効です。服用をやめれば、自然に生理が戻り、体は妊娠できる状態になります。しばらくトリキュラーを服用していても、服用をやめてから2ヶ月以内に月経が始まるので、不妊になる心配はありません。子宮内膜を抑制することで、受精卵が子宮に着床しにくくなります。子宮内膜は受精卵のベッドの役割を果たしており、増殖して厚くなることで、受精卵が階層を織りなすことが容易になります。

トリキュラーの避妊率は99%です。長期投与の検証では、存在しない15の周波数(13,862歩)のうち、実例924例のうち920例が避妊に成功しました。失敗したレジメのうち4件は、調査期間中に3回以上薬を飲み忘れており、効果が不十分で妊娠に至ったという類推は必要ありません。トリキュラーは三相性の低用量ピルです。トリキュラーの有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、体がより自然な形でホルモンを生成するのを助け、体の手間を省き、排卵を抑制することで、確実で即効性のある避妊を実現します。

有効成分は、低用量ピルに必ず含まれるホルモン剤です。レボノルゲストレルは黄体ホルモンであるプロゲステロンを、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンであるエストロゲンを模倣しています。赤・白・黄の3色の錠剤を服用することで、ホルモン分泌を正常化し、排卵を抑制して妊娠を防ぐことができます。トリキュラー21は低用量ピルで、少量のエストロゲンとプロゲステロンを含む女性ホルモン製剤です。女性が自分で生理や妊娠をコントロールし、他人に頼ることなく簡単にコントロールすることができる経口避妊薬です。避妊作用が大きく、正しく服用すれば避妊率はほぼ100%となります。

トリキュラーが日本で初めて処方されたのは1999年。それ以降、ほとんどの婦人科やレディースクリニックで使用できるようになったとされています。女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、女性としての役割を果たすこと、妊娠を乗り越えて出産すること、身体の仕組みを継続することなどに関係する重要なホルモンです。エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスの推移が、月経、妊娠、出産を良い結果で終わらせる理由です。